case93 事前認定で非該当であったが、当事務所の異議申立によりむちうち等で併合14級が認定され、約370万円を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者前橋市在住の40代女性(兼業主婦)
事故状況ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名頚椎捻挫(むちうち)
腰部挫傷
後遺障害等級併合第14級
当事務所の対応ポイント後遺障害等級認定サポート(異議申立)
相手方保険会社との示談交渉
対応結果適切な後遺障害等級の認定
裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目おおよその金額
休業損害81万円
傷害慰謝料92万円(裁判基準
後遺障害逸失利益82万円(裁判基準
後遺障害慰謝料110万円(裁判基準
賠償総額370万円

ご相談・ご依頼のきっかけ

須藤弁護士

 相手方保険会社のすすめに従い、事前認定を受けたものの、結果が非該当(自賠責保険における後遺障害には該当しない)でした。

 ご自身としては後遺症が残っているのは明らかであり、結果に納得できないということで、当事務所でご相談を受け、ご依頼となりました。

当事務所の対応

ご依頼頂いた後、非該当という後遺障害の結果について異議申立を行いました。
異議申立の際には、次の点を指摘する意見書を作成しました。

①事前認定の結果(非該当)が出た後に撮影されたMRI画像において症状との関連が疑われる異常所見が見られること

②症状固定後も強い症状が続いてため通院治療を継続していること

③症状固定後も通院治療を継続しているものの症状が改善する兆しが見られないこと

また、意見書のほかに、画像所見や症状の推移についての主治医の回答を取り付けて提出しました。

当事務所が対応した結果

当事務所のサポート

 異議申立の結果、頚部痛及び腰部痛が、それぞれ14級9号(局部に神経症状を残すもの)に該当するとの認定を受けることが出来ました。

 この結果を踏まえて、加害者の保険会社との間で示談交渉を行いました。

 示談交渉の結果、慰謝料(傷害慰謝料及び後遺障害慰謝料)について裁判所の基準により算定した金額が認められたほか、休業損害については家事が出来なかったことについて80万円を超える金額の損害が認められ、合計約370万円で示談となりました

弁護士の所感(解決のポイント)

須藤弁護士

 実際のところ、異議申立を行っても後遺障害の結果が変わらないことは多くあります。

 今回のケースでは、次の点が特に大きかったと思います。

事前認定の前にはMRI検査を受けておらず、ご依頼後に当方のすすめで撮影されたMRI画像で異常所見が認められたこと

症状固定までの治療によっても大きな改善が見られず、症状が強かったため症状固定後も治療を続けたものの症状が改善する兆しが見られなかったこと

 上記のような(後遺障害等級認定のために)有利な証拠を揃えることができたため、異議申立の結果、併合14級が認められたと考えられます。

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ