case79 死亡事故で、交渉により保険会社の提案から約6,670万円(3,085万円増額)を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者高崎市在住の40代男性(会社員)
事故状況ご依頼者様:歩行者 /  相手方:車
傷病名死亡
当事務所の対応ポイント相手方保険会社との示談交渉
対応結果保険会社の提示額から3085万円の増額
裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目保険会社の提示額当事務所のサポート結果
死亡逸失利益約2284万円約3860万円(1576万円増額)
死亡慰謝料約1300万円約2800万円(1500万円増額)
入院付添費0円約5万円(5万円増額)
葬儀費用0円約107万円(107万円増額)
休業損害0円約9万円(9万円増額)
合計約3584万円6670(3085万円増額)

ご相談・ご依頼のきっかけ

武多和直紀弁護士

  高崎市在住の40代男性の方が路上での業務を行っている最中に、前方を良く見ていなかった加害車両が男性の姿に気づかぬまま衝突。男性は救急搬送されましたが、数日間の入院の後、治療のかいなく亡くなられました。

 事故から約2ヶ月後、相手方の保険会社からご遺族に賠償額の提示があったため、「金額が妥当か見てもらいたい」とご遺族の方が相談にいらっしゃいました。

 当方で試算したところ、保険会社の提示金額は低額であり大幅な増額が見込まれた事や、今後の手続きを弁護士に任せられるなら…との事でご依頼となりました。

当事務所の対応

当事務所のサポート

 被害者の方には小さなお子様がいらっしゃいましたので、生活のためにも早期にまとまったお金をお渡しする必要がございました。

 そのため、まずは自賠責保険金の請求を行い、その後保険会社との示談交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

弁護士バッジ

自賠責保険金の請求を行い、まとまったお金を早期に奥様にお渡しすることができました。

示談交渉では、裁判基準(弁護士基準)で請求した通りの、ほぼ満額の賠償金を獲得し、解決となりました。

裁判基準(弁護士基準)とは
交通事故の賠償金を計算する3基準のうち、最も高い基準。
弁護士が請求する時にこの基準を使う事が可能で、裁判をしなくても使用できる。

弁護士の所感(解決のポイント)

 ご遺族のもとに届いた相手保険会社の示談提示額は、相当に低廉な金額でしたので、当方で交渉を行うこととなりました。

 また、今回のケースではお子さまがまだ小さい中で、大黒柱を失ってしまったため、当面の生活を安定させる必要がありました。そのため、まずは、被害者請求を行い、自賠責保険金を早期に受領する手続を行いました。

 その後、裁判基準で示談交渉を行いましたが、相手保険会社からは、「訴外の交渉であるため、裁判基準の80%程度で示談を行いたい」と提案がありました。
 これに対して、当方から、お子さまがまだ小さいため今後の生活に多額の金銭を必要とすること、奥様を含めたご遺族の精神的苦痛は計り知れないことを何度も繰り返しお伝え致しました。

 その結果、裁判基準のほぼ満額にて示談が成立することとなりました。

 ご相談をお受けした当初より、奥様から、幼くして父親を失ってしまったお子様の将来を不安に思っていらっしゃる心情をお聞きしていました。今後の生活の一助に少しでもなれるよう、粘り強く交渉を重ねた事が、今回の結果につながったのだと思います。

武多和弁護士

 

山本総合が交通事故被害者救済にかける想い
タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ