高崎市は、群馬県中部よりやや南西に位置する中核となる市です。
高崎市は、群馬県内では最大の人口を擁する都市です。

高崎市は、古くから交通の要所で、中山道と三国街道の分岐点、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線と北陸新幹線の分岐点ともなるなど、全国有数の交通拠点都市でもあります。

高崎市は、江戸時代には高崎藩の城下町として、中山道69次中4番目に規模が大きい宿場町として、また物資の集散地・商業のまちとして賑わいました。
鍛冶町には鍛冶職人が、鞘町には刀の鞘師が、白銀町には金銀細工師らが住み、当時の職人の町は今も町名として留めています。

高崎市は、日本一のだるまの産地であり、国道18号沿いには、だるまの生産工場が集中しています。
また、数少ないオーケストラのある地方都市であり、高崎マーチングフェスティバルが開かれるなど、音楽に関する活動が盛んです。
また、高崎フィルム・コミッションにより、ドラマ・映画・プロモーションビデオ等の撮影を誘致しており、しばしば高崎の市街地や学校が登場します。毎年、高崎映画祭を開催するなど、音楽以外の芸術・文化活動も盛んです。

平成29年10月には、高崎駅西口に大規模商業施設がオープンするなど、駅前には多くの人たちで賑わうことが予想されます。