電車やバス等の公共交通機関を利用した場合やタクシーを利用し、かつタクシー利用が相当と言える場合には実費を、自家用車を利用した場合には、自宅から病院までの距離についてのガソリン代を相手方に交通費を請求することができます。

交通事故で受傷し、通院が必要になることがあり得ます。この点、現在の実務上、通院のための交通費を相手方に請求することができます。

まず、電車やバス等の公共交通機関を利用した場合には、現在の実務上、実費を交通費として相手方に請求することができます。

また、通院のためにタクシーを利用することもあり得ます。この点、症状等によりタクシーの利用が相当と認められる場合には、現在の実務上、タクシー利用分の実費も相手方に請求することができます。具体的には、例えば、膝を受傷しており歩行困難である場合や、近くに公共交通機関がない場合等には、タクシーを利用することが相当といえる可能性が高いといえます。

また、自家用車を利用して通院することもあり得ます。

この点、自家用車を利用して通院する場合にはガソリンを使用していることから、ガソリン代を相手方に請求することができます。ただ、ガソリン代は、原油価格等で変動するものであり計算が煩雑になることから、現在の実務上、自宅から病院までの距離を計算し、1㎞あたり15円として算定されています。

より詳しいことにつきましては、一度、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談ください。