運転者の好意で、人がその車に無償で乗せてもらうことが、好意同乗又は無償同乗と呼ばれます。

ある自動車に同乗していた人が、その自動車の運転者の過失によって交通事故に遭って怪我などの被害を受けた場合、同乗していた被害者は運転者に対して損害賠償請求できることになります。この際、被害者が運転者の好意により無償で乗せてもらうという利益を受けていたのだから、運転者に対して損害賠償できる額が減るのではないか、という議論があるのです。

この問題については、現在の判例の傾向は、単に好意同乗したということだけで賠償額を減額するということはしていません。

もっとも、単に好意同乗したというだけでなく、同乗者に何らかの帰責性がある場合には、賠償額が減額されています。具体的には、被害者である同乗者に、運転の危険を承知していたとか、運転の危険を増幅したといった場合には、賠償額が減額されているのです。

例えば、飲酒運転や無免許運転と知りながら同乗した場合、シートベルトをあえて着用していなかった場合等には、賠償額が減額される可能性があります。

このように、好意同乗ということだけで賠償額が減額されることはないのですが、その他の帰責事由があることで減額される場合があります。