具体的事情によりますが、人身事故に切り替えることができる場合があります。

交通事故につき、被害者がその直後にはさほど痛みを感じず怪我をしたことに気付かなかったために、実際には受傷しているのに物損事故扱いがされてしまうということがあります。

そのような場合、そのままではいくつかの不利益が生じる恐れがありますので、痛みに気付いたら、できるだけ早く医師の診察を受けて、人身事故に切り替える手続きを行った方がよろしいでしょう。

まず、ここで人身事故に切り替えておかなかった場合、相手方の保険会社から、その交通事故によって怪我をしたことが疑われ、そのために治療費の支払いをスムーズに受けられないという恐れがあります。

また、物損事故の扱いのままでは、後に損害賠償請求を行う際にも、不利になる恐れがあります。というのも、訴訟になった場合、裁判所から、負傷の事実や事故と負傷の因果関係が疑われる恐れがあるからです。

ですので、実際に事故による負傷の事実があるのであれば、人身事故に切り替えをされるのが良いのです。

もっとも、物損事故から人身事故への切り替えの手続きは、交通事故による怪我であると警察が判断した場合に認められる手続きですので、例えば、事故からあまりに時間が経ってから申請をしても、交通事故による怪我なのかが疑われて切り替えが認められない恐れもあります。

したがって、できるだけ早めに、医師の診察を受けてしっかりと診断書を書いてもらった上、警察に申請を行う必要があります。