加害者が運転していた自動車の所有者に対して、損害賠償請求することができる場合があります。

交通事故の被害者は、まず、加害者である運転者に対して損害賠償を請求することができます。しかし、運転者がその自動車の所有者ではない場合、加害者である運転者だけではなく、その自動車の所有者に対しても、運行供用者責任という責任に基づいて損害賠償請求することが考えられます。

運行供用者責任は自賠法3条に規定されていますが、運行供用者とは「自己のために自動車を運行の用に供する者」です。そして、運行供用者に当たる人は、その自動車の運行によって生じた損害を賠償する義務を負うのです。

この点、自動車の所有者が運行供用者に当たるのかという点は、場合によって異なります。

例えば、所有者が自分の意思により他人に自動車を貸して運転させていた場合には、たとえ無償の貸し借りだったとしても、所有者が運行供用者とされる例が多いようです。
無断運転の場合には、所有者と運転者の関係や、無断持ち出しの態様から、運行供用者かどうかが判断されます。同居の家族間の無断運転の場合には、所有者が運行供用者とされることが多いです。

一方、ローン付きで購入された自動車には、代金債権の保全のためにディーラーに自動車の所有権が残されている場合が多くあります。この場合、ディーラーは自動車の所有者ではありますが、自動車を支配しているとはいえないため、運行供用者責任を負わないとされています。

以上のように、自動車の所有者が運行供用者責任を負うのかは、一概にはいえず、具体的な事情によって決まることになります。

また、運行供用者責任を追及できるのは、自動車による人身事故の場合だけであることにご注意下さい。