自動車事故を起こして電柱やガードレールなどの公共物を壊してしまった場合、任意保険の対物賠償保険という保険に加入していれば、そこから保険金が下りることになります。

自賠責保険と違い、強制加入ではない保険が任意保険ですが、任意保険にもいくつかの種類があります。そして、任意保険の中で、他人の物を損傷してしまった場合の賠償を内容とする保険が、対物賠償保険です。

この対物賠償保険は、例えば、相手方の自動車や、その中の積荷を損傷してしまったような場合に、保険金が支払われるというものです。

そして、壊してしまった物が公共物の場合も、対物賠償保険の対象になっているのが通常ですので、ガードレールや電柱などを損傷した場合にも、対物賠償保険があれば保険金が支払われることになります。

もっとも、賠償の限度額は、ご自分がどのような契約をしたかによって決まります。無制限の保険に加入している場合は、賠償すべき全額について保険金が支払われることになりますが、無制限ではない場合には、その契約で決められた限度額の範囲でのみ保険金が支払われることになります。その保険金でまかなわれない分については、もちろん加害者本人が被害者に対して賠償することになります。

この点、電柱やガードレールは、それがどのような設備なのか、どの程度損傷したのか等の具体的な事情にもよりますが、損害額が高額になるケースもあるようです。ですので、限度額が無制限でない場合には、限度額を超えた部分を自ら支払わなければならないというケースも起こり得ます。