交通事故でけがをした場合の傷害慰謝料は、どう計算する?

A
1傷害慰謝料とは何か

慰謝料とは、事故により生じた精神的苦痛に対する損害賠償金をいいます。
傷害慰謝料は、傷害による肉体的苦痛や、検査・治療のための入通院、また、それらのために時間が取られ、行動の自由が制約される煩わしさや不利益等を慰謝するための損害賠償金です。

2交通事故による損害賠償の金額の算定基準(裁判所基準・自賠責基準・任意基準)

⑴ はじめに

交通事故による損害賠償金額の算定基準については、裁判所基準(弁護士基準)、自賠責基準、任意保険基準と呼ばれる3つの基準が事実上あります。

⑵ 裁判所基準(弁護士基準)

裁判所基準は、過去の裁判例の積み重ねを基に作成されたもので、裁判所が事実上用いている基準です。この基準により算定した傷害慰謝料の額が、3つの基準の中で最も高額となります。
弁護士に依頼した場合は、この裁判所基準により傷害慰謝料額を算定し、支払いを請求します。弁護士に依頼せずに加害者の保険会社と示談交渉する場合、裁判所基準で算定した傷害慰謝料を支払ってもらうのは難しいことが多いです。

⑶自賠責基準

自賠責保険会社も傷害慰謝料の算定基準を設けています。自賠責保険は、被害者に対する最低限の補償を趣旨とするため、裁判所基準と比べると傷害慰謝料額は低額になります。

⑷任意保険基準

各任意保険会社も、傷害慰謝料につき算定基準を設けています。しかし、基準と呼んではいても、各保険会社がそれぞれ独自に定めた内部の支払基準に過ぎず、裁判所基準や自賠責基準とは本質的に異なるものです。
しかも、任意保険基準で算定した傷害慰謝料の額は、最低限の補償を趣旨とする自賠責保険の基準を下回らない程度の低額に抑えられています。

3裁判所基準(弁護士基準)による障害慰謝料の算定基準

⑴原則

傷害慰謝料額の算定については、過去の裁判例の積み重ねから、一定の基準が設けられており、原則として、入通院の期間を基礎として算定します。入通院の期間とは、事故による傷害の治療を開始した日から、その治療を終了した日までの期間をいいます。
この基準については、『民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準』(通称「赤い本」)等に整理されています。

⑵修正

もっとも、仮に入通院の期間が同じ事案であっても、被害者の方が受ける肉体的苦痛の程度も同じであるとは限りません。そこで、一律に入通院の期間のみを基礎に傷害慰謝料の額を決めるのではなく、ケースによって修正が図られることもあります。

【むち打ち等の場合】

例えば被害者の自覚症状によってしか傷害の存在を判別できない程度のむち打ち症や、軽い打撲・軽い挫創や挫傷については、他の傷害と区別して、より低額な基準が定められています。

【傷害の部位・障害の程度による増減】

傷害の部位・程度によっては、20%から30%程度金額が増額されることがあります。

【入通院期間ではなく通院実日数を目安とする場合】

治療というよりも検査や経過観察のための通院が続けられており、通院頻度が極端に少ない場合等は、入通院の期間(事故による傷害の治療開始日から治療終了日までの期間)ではなく、実際に入通院をした日数の3.5倍などの修正通院期間を目安とする場合もあります。

【傷害の程度が深刻な場合等】

生死が危ぶまれる状態が継続したときや、麻酔なしでの手術等の極度の苦痛を被ったとき、手術を繰り返したときなどは、入通院期間の長短にかかわらず、別途増額が考慮され得ます。

傷害慰謝料に関するより詳しいことや具体的場合における金額等については、一度交通事故に精通した弁護士に相談してみてください。

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ