「症状固定」はどんな状態?後遺障害の有無はどう判断される?

交通事故に遭い治療を続けてきましたが、なかなか症状が改善しません。このような場合、「いずれは症状固定にして、残ってしまった症状について後遺障害の有無や程度の問題になる」という話を聞きましたが、「症状固定」とはどのような状態のことをいうのでしょうか。また、後遺障害の有無や程度はどのようにして判断されることになるのでしょうか?

「症状固定」とは、一般的には、医師が患者の症状についてこれ以上回復しないと判断することを指します。したがって、「症状固定」の状態かどうかは医師の診断・判断によるということになります。

そして、症状固定の時点において、何らかの症状が残っている場合、それが後遺障害に該当するかどうかや、該当するとして後遺障害としてどの程度重いのかを判断することになります(後遺障害の認定の話になります)。なお、ここでいう「後遺障害」とは、交通事故の損害賠償にあたり、そのような後遺障害が残ったことにより損害(具体的には、後遺障害逸失利益や後遺障害慰謝料)が生じると言えるだけのものである必要があります。ですから、症状固定の時点で何らかの症状が残っているだけでは、直ちに何らかの「後遺障害」に該当すると判断されるわけではありません。

後遺障害の認定については、通常、損害保険料率算出機構という組織の中の自賠責損害調査事務所というところが、その事故について自賠責保険から保険金をいくら支払うかを決めるにあたり行われています。自賠責損害調査事務所は、原則として書面審査により、後遺障害の有無や程度を判断しており、その中でも、後遺障害診断書(症状固定の時点において、症状が残っている場合に、その症状について医師が作成する診断書)を重要な資料としています。

このように、後遺障害の認定については、原則として書面審査により行われるものですから、書面から読み取ることが出来ない事柄は存在しないものとして判断が行われることになります。ですから、ご自身の状態や症状を正確に主治医の先生に伝え、それを反映した形で後遺障害診断書を作成してもらうことが重要になります。

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ