Q.後遺障害の「併合」とはどのようなものですか。

A.

1 定義

 「併合」とは、系列を異にする身体障害が2以上ある場合に、①重い方の身体障害の等級によるか、又は②その重い方の等級を1級ないし、3級を繰り上げて当該複数の障害の等級とすることをいいます。

 

2 繰上げの基準

 等級の繰上げにつき、自賠責保険において以下の基準を設けています。

・第13級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を1級繰上げる。

・第8級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を2級繰り上げる

・第5級以上に該当する後遺障害が2つ以上あるときは、重い方の後遺障害の等級を3級繰り上げる。

 

3 具体例

(例1)上記①(重い方の身体障害の等級により等級を認定するもの)

 ひじ関節の機能に障害を残し(第12級の6)、かつ、局部に神経症状を残した場合(第14級の9)には、併合して重い方の障害の該当する等級により、併合第12級とします。

(例2)上記②(併合繰上げにより等級を認定するもの)

 せき柱に運動障害を残し(第8級の2)、かつ、1下肢を4センチメートル短縮した(第10級の7)場合には、併合して重い方の等級を1級繰上げ、併合第7級とします。

 

 より詳しいことにつきましては、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談ください。