case92 当事務所の認定サポートによりむちうちで後遺障害等級14級9号が認定され、約280万円の慰謝料を獲得した事例

ご依頼者様データ
被害者

高崎市在住の60代男性(派遣社員)

事故状況 ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名 頚椎捻挫(むちうち)等
後遺障害等級

第14級9号

当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果 適切な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
休業損害 8万円
傷害慰謝料 105万円(裁判基準
後遺障害逸失利益 59万円(裁判基準
後遺障害慰謝料 106万円(裁判基準
賠償総額 280万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 群馬県高崎市在住の60代男性が運転中に、渋滞のため停止していたところ、相手車両に追突され、頚椎捻挫(むちうち)のお怪我をされました。

 首に重苦しい痛みが常にあるため通院を続けていましたが、事故から半年後、相手方保険会社より、「治療費対応の打ち切り」を宣告されました。

 「まだ痛みがあるので後遺障害の申請や示談のことなどを相談したい」と当事務所にご相談にいらっしゃいました。

 

当事務所の対応

 ご相談の際に頚部痛などの症状が残存していたことなどから、ご依頼者様は後遺障害の申請を行いたいとの希望でした。

 ただ、ご相談の時点では、今しばらく通院したいとのご希望があったことなどから、治療費打ち切り後、2ヶ月程度は自費通院していただき、その後、症状固定とし後遺障害等級認定の申請を行うこととなりました。

 記事記録等の資料の収集をし、事故状況や症状の経過等の把握を行い、ご依頼者様から残存症状による支障等を丁寧に聞き取り、それを踏まえて独自に意見書などを作成し、後遺障害等級認定の申請を行いました。
 無事等級が認定された後は、裁判基準で損害額を計算し、交渉を行いました。

 

当事務所が対応した結果

 当事務所の後遺障害認定サポートにより、14級9号が認定されました。
 また、賠償の点でも当事務所が算定した裁判基準での請求が認められ、示談に至りました。
 結果、総額で約280万の慰謝料を獲得することができました。

 

弁護士の所感(解決のポイント)

 後遺障害等級14級9号の認定を得ることができ、ご依頼者様には大変喜んでいただきました。
 

 また、賠償額について、今回のケースでは、症状固定までの間に自費通院した期間が2ヵ月ほどありました。通常、保険会社は裁判前の交渉では、自らが治療費を支払った期間(治療費打ち切りのタイミングまで)しか補償しないケースが多くあります。

 実際は8ヶ月間も通院しているのに、6ヶ月間分の賠償金しか払ってもらないという事になってしまいます。

 当事務所では被害者の方が獲得できうる限りの賠償金を得るため、自費通院部分を含めた形で裁判基準により賠償額を算定し、交渉しました。その結果、自費通院部分も含めた形での賠償金額で示談に至りましたので、依頼者様にも満足していただけました。

 

当事務所の解決事例

[html_archive_solutions]
 

タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ