ご依頼者様データ
被害者

渋川市在住の50代男性(会社員)

事故状況 ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名 寛骨臼骨折、膝蓋骨骨折
後遺障害等級

併合12級

(内訳)

・股関節の可動域制限について第12級7号(1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの)
・膝の痛みについて第14級9号(局部に神経症状を残すもの)

当事務所の対応ポイント 相手方保険会社との示談交渉
対応結果 裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその獲得金額
休業損害 149万円
傷害慰謝料 204万円
後遺障害逸失利益 356万円
後遺障害慰謝料 290万円
賠償総額 863万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 渋川市在住の50代男性が自動車を運転中に、対向車線からセンターラインオーバーしてきた加害者の自動車と正面衝突するという事故に遭われ、寛骨臼骨折(股関節の骨盤側にある関節を骨折することです)や膝蓋骨骨折のお怪我を負われました。

 加害者側の任意保険保険会社を通じた事前認定により併合12級が認定された後、その後の示談交渉を弁護士に任せたいということで、当事務所でご相談を受け、ご依頼となりました。

当事務所の対応

 ご依頼頂いた後、加害者の保険会社との間で示談交渉を行いました。
 示談交渉の中では、裁判所の基準をもとに損害額の算定を行うことを強く求めました。

 また、後遺障害逸失利益について、通常は事故の前の年の年収をもとに算定を行いますが、転職などの事情により事故の前の年の年収が少なかったことから、事故前3か月の給与を4倍して年収に換算した金額(事故の前の年の年収額の約1.8倍の額)を基礎として後遺障害逸失利益を算定することを求めました。

当事務所が対応した結果

 示談交渉の結果、当方の主張が保険会社に認められ、裁判所の基準に従って算定された金額での示談となりました。

 また、後遺障害逸失利益についても、事故の前の年の年収ではなく、事故前3か月の給与を4倍して年収に換算した金額を基礎として算定することが認められ、こちらの主張がそのまま認められた形となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

  加害者の保険会社は、裁判所の基準をもとに算定した金額で示談することに消極的でした。(任意保険会社が使用する基準は、裁判で使われる基準よりも低額であることがほとんどです。)

 当方で粘り強く交渉した結果、こちらの主張が認められ、裁判所の基準をもとに算定した金額で示談することができました。

骨折の後遺障害について詳しくはこちら

 

 

当事務所の解決事例

2020.06.29
【解決事例】高次脳機能障害で後遺障害5級の認定を受けた男児につき、当事務所の交渉により約9350万円を獲得
2020.06.23
【解決事例】自営業者男性の交通事故で過失割合3対7から、当事務所の交渉により過失ゼロを認めさせた事例
2020.06.16
【解決事例】主婦の方がむちうち等の怪我をした交通事故につき、過失10%がゼロになり、さらに賠償金が約2.7倍に増額
2020.06.09
【解決事例】会社員男性が肩の可動域制限を負った事故につき、当事務所のサポートで後遺障害12級が認定され、約1500万円を獲得
2020.06.04
【解決事例】股関節の機能障害などで併合12級が認定されていた会社員男性が、当事務所の交渉により合計約863万円を獲得

山本総合が交通事故被害者救済にかける想い