ご依頼者様データ
被害者 前橋市在住の40代男性(会社員)
事故状況 ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名 頸椎捻挫、背部挫傷、腰椎捻挫
後遺障害等級

併合14級

(頸椎捻挫で14級9号、背部挫傷で14級9号)

当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果 適切な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
傷害慰謝料 93万円
後遺障害逸失利益 122万円
後遺障害慰謝料 110万円
賠償総額 345万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

事故後、お怪我の治療のため通院中の段階で以下の点につきご相談をいただきました。

①症状が改善しない場合に、後遺障害の申請はどうなるのか

②示談になったときに素人なので分からないため、弁護士に入って欲しい

③相手保険会社とのやり取りが煩わしい

弁護士費用特約が使用可能だった事もあり、「弁護士に任せたい」との事でご依頼となりました。

当事務所の対応

まず、ご本人の症状が診断書上、どのように記載されているか確認するために診断書類等の取り寄せを行いました。
また、治療費支払いの期間について、ご本人の症状を相手保険会社にお伝えし、期間を延長してもらうよう交渉を行いました。
その後、後遺障害の申請を行いましたが、一度目の申請では「非該当」として後遺障害が認定されませんでした。そのため、異議申立を行い、再審査を求めることにしました。

示談交渉では、裁判基準での示談交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

後遺障害の申請を行い、一度目は「非該当」という結果になりましたが、ご本人の症状やMRI等の他覚的所見からすれば、後遺障害として認定されないのはおかしいと考え、異議申立を行いました。
その結果、「非該当」の判断が覆り、頸部、背部ともに14級が認定されました。

その後、14級が認定されたことを前提に裁判基準での示談交渉を行い、無事示談が成立しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

武多和弁護士本件では、後遺障害の申請を行いましたが、1度目は「非該当」でした。
もっとも、ご本人の症状及びMRI等の他覚的所見からすれば、後遺障害が認定されるべき事案と考えました。
ご本人に症状や通院状況を確認したところ、後遺障害診断書を作成した後も、痛み等が続いており、整形外科への通院を継続しているとお聞きしました。そのため、通院をしていた証明として、領収書を提出してもらうよう求めました。
異議申立の際には、現在のご本人の支障等を異議申立書にまとめるとともに、添付資料として前記領収書を提出し、再度申請を行いました。
その結果、無事14級が認定されることとなりました。

また、示談交渉においては、診断書類の記載内容やMRI等の他覚的所見を根拠に、ご本人に現在生じている支障を説得的に論じることにより、裁判基準での示談が成立致しました。

当事務所の解決事例

2020.04.03
【解決事例】高次脳機能障害が見過ごされていた主婦の方につき、当事務所のサポートにより後遺障害7級が認定され、約3500万円(8.3倍に増額)を獲得
2020.03.24
【解決事例】当事務所の認定サポートにより脊柱変形で後遺障害11級が認定され、約1,067万円を獲得
2020.03.06
【解決事例】外傷性頚椎椎間板ヘルニア等で後遺障害14級が認定された事案で、約173万円の提示額が交渉で約345万円に増額
2020.02.27
【解決事例】当事務所の認定サポートにより左肋骨骨折で後遺障害14級が認定され、約277万円を獲得
2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9号が認定され、交渉により約282万円を獲得