ご依頼者様データ
被害者 高崎市在住の40代女性(専業主婦)
事故状況 ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名 頚椎捻挫(むちうち)
後遺障害等級

第14級9号

当事務所の対応ポイント 相手方保険会社との示談交渉
対応結果 裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 保険会社の提示額 解決額 増加額
傷害慰謝料 84万円 119万円 35万円
後遺障害逸失利益 30万円 81万円 51万円
後遺障害慰謝料 45万円 110万円 65万円
賠償総額 161万円

313万円(約1.9倍に増額)

152万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 相手方の保険会社から示談金額の提示があったものの、金額が適正かどうかを知りたいとの事でご相談にお越しいただきました。

当事務所の対応

 ご依頼をお受けし、慰謝料について裁判基準で計算し直し適正額を算出しました。

 また、事故当時に被害者の方は独身でしたが、症状固定時にはご結婚され専業主婦となっていました。そのため、後遺障害逸失利益を賃金センサス(日本の給料の統計資料)に基づき算出し、交渉を行いました。

 14級の逸失利益は下記の計算式で算出します。

 後遺障害逸失利益 = 基礎収入 ✕ 労働能力喪失率(14級は5%) ✕ ライプニッツ係数

 専業主婦の後遺障害逸失利益を計算する場合、基礎収入に女性労働者の全年齢平均の賃金額を適用して計算します。今回のケースの場合は、結婚前の賃金額で計算するよりも、主婦として算出した方が高額となるのです。

>>主婦の基礎収入について詳しくはこちら

当事務所が対応した結果

 交渉により、慰謝料については裁判基準通り、逸失利益についても当方の主張通りの請求を認めてもらうことができ、当初の提示額161万円から約2倍に増額した313万円での解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 本件は、事故時点では独身でしたが、数カ月後の症状固定時には結婚していたという事情があり、休業損害や逸失利益の計算をどうするか問題がありました。基本的には、当時の実態に即したかたちでの請求を行いました。

 当初保険会社は、逸失利益の額について結婚前の収入を基礎として算定を行ってきましたが、逸失利益の性質などについて丁寧に説明し、最終的には賃金センサスを用いた主婦としての金額を認めてもらうことができました。また、慰謝料も裁判基準通りに認めてもらえ、全体として非常にいい結果でしたので依頼者の方に喜んでいただき良かったです。

当事務所の解決事例

2020.04.03
【解決事例】高次脳機能障害が見過ごされていた主婦の方につき、当事務所のサポートにより後遺障害7級が認定され、約3500万円(8.3倍に増額)を獲得
2020.03.24
【解決事例】当事務所の認定サポートにより脊柱変形で後遺障害11級が認定され、約1,067万円を獲得
2020.03.06
【解決事例】外傷性頚椎椎間板ヘルニア等で後遺障害14級が認定された事案で、約173万円の提示額が交渉で約345万円に増額
2020.02.27
【解決事例】当事務所の認定サポートにより左肋骨骨折で後遺障害14級が認定され、約277万円を獲得
2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9号が認定され、交渉により約282万円を獲得