ご依頼者様データ
被害者 前橋市在住の50代男性(自営業)
事故状況 ご依頼者様:原付バイク /  相手方:車
傷病名 頚部挫傷、背部挫傷、左肩関節挫傷
後遺障害等級

第14級9号

当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果 適正な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
傷害慰謝料 86万円
後遺障害逸失利益 131万円
後遺障害慰謝料 104万円
賠償総額 325万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 後遺障害の申請及び示談について詳しく知りたいとのことでご来所され、ご相談をお受けしました。

当事務所の対応

 本件は、被害者の方に痛みやしびれといった症状が残存していたことから、後遺障害の申請を希望されていました。そのため、申請に向けて刑事記録や診断書類、画像データなどを取り寄せ、事故状況や症状の経過等の把握を行い、それを踏まえて事故状況や残存症状についての意見書などの作成をし、後遺障害の申請を行いました。
 等級認定後は、裁判基準で損害額を計算し、交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

 当事務所の活動の結果、無事14級9号が認定され、賠償の点でも相手方保険会社より、裁判基準での金額の提示があり、示談に至りました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 早期に事故状況の把握などを行い、それを元に原付バイク対車の事故である点などを強調した形で独自に事故状況や残存症状による影響などについて書面を作成し、後遺症の申請を行ったことで無事14級9号の認定を得ることができよかったと思います。
 賠償の交渉では、逸失利益の算定の基礎収入額が問題となりました。通常、自営業者の方の場合は事故前年の確定申告書に基づき逸失利益を算出することになります。今回は、被害者の方が会社員から自営業者に切り替わったタイミングだったこともあり、事故前年の年収は、一昨年の年収の半分程度でした。そこで、当事務所では一昨年の年収を基礎とする形で交渉を行い、最終的にはその額を基礎とした形で逸失利益を得ることができたので良かったと思います。この結果には、被害者の方も満足しておられたので交渉がうまく進み良かったです。

当事務所の解決事例

2020.09.01
【解決事例】当事務所の認定サポートによりむちうちで後遺障害等級14級9号が認定され、約280万円の慰謝料を獲得
2020.06.29
【解決事例】高次脳機能障害で後遺障害5級の認定を受けた男児につき、当事務所の交渉により約9350万円を獲得
2020.06.23
【解決事例】自営業者男性の交通事故で過失割合3対7から、当事務所の交渉により過失ゼロを認めさせた事例
2020.06.16
【解決事例】主婦の方がむちうち等の怪我をした交通事故につき、過失10%がゼロになり、さらに賠償金が約2.7倍に増額
2020.06.09
【解決事例】会社員男性が肩の可動域制限を負った事故につき、当事務所のサポートで後遺障害12級が認定され、約1500万円を獲得

山本総合が交通事故被害者救済にかける想い