むちうちなどの症状で保険会社の事前提示額73万円を171万円(約2.3倍)に増額した事例

ご依頼者様データ
被害者 前橋市在住の40代女性(兼業主婦)
事故状況 ご依頼者様:車  /  相手方:車
傷病名 頚椎捻挫、腰椎捻挫、右手の打撲
当事務所の対応ポイント 相手方保険会社との示談交渉
対応結果

裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 保険会社の提示額 解決額 増加額
休業損害 17万円 67万円 50万円
傷害慰謝料 54万円 102万円 48万円
賠償総額 72万円 170万円(約2.3倍に増額) 98万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 保険会社より賠償額の提示があり、その金額が妥当なのかどうか知りたいとのことでご相談にいらっしゃいました。

当事務所の対応

 ご依頼後、当事務所で事故日から症状固定日までの診断書類をすべて取り寄せして、具体的な症状の内容を確認したり、被害車両の状況などの確認を行いました。

当事務所が対応した結果

 休業損害は保険会社の提示額17万円から67万円に増額、傷害慰謝料は提示額54万円から102万円に増額し、全体として72万円から170万円(約2.3倍)へ増額し、解決となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 本件では、主に慰謝料の金額と休業損害の金額が争点となりました。

 まず、慰謝料については、取り寄せた資料などを基に事故の状況や治療の経過、受傷後の生活状況など、事故により多大な苦痛を被っていたことを主張し、結果的には裁判基準の100%の慰謝料が認められました。
 

 次に休業損害について、会社員のような給与所得者の場合、簡単に言えば、事故による受傷により会社を休んだ日数分について休業損害が認められます。
 他方、被害者の方は、非常勤職員として働く一方で、ご家庭では主婦として家事労働も担っており、いわゆる兼業主婦という立場にありました。
 実務上兼業主婦の方については、現実の収入額と女性労働者の平均賃金のいずれか高い方を基礎として休業損害を請求することができるとされています。また、家事従事者の休業損害は、給与所得者のように休業損害証明書が発行されるわけではないので、事故により何日間家事をできなかったのか証明することが困難であり、明確な基準のようなものはほとんどありません。そのため、この点が争点となることが多々あります。

▶主婦(家事従事者)の休業損害について詳しくはこちら

 本件は、現実の収入よりも女性労働者の平均賃金の方が高く、家事従事者として休業損害を請求できる事案でしたので、家事従事者を前提に休業損害を請求しました。その際には、家族構成や具体的な家事労働の説明、支障のあった期間や程度についての主張をしながら交渉を行いました。結果として、休業損害については、約67万円認められました。

 本件は、後遺障害の申請をしていない事案でありながら、慰謝料について裁判基準の100%、休業損害については約67万円と、保険会社の提示額から全体で約2.3倍に増額することができ、ご依頼者様にご満足頂ける結果になったのではないかと思います。

当事務所の解決事例

2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9合が認定され、交渉により約282万円を獲得
2020.02.10
【解決事例】両肘関節の可動域制限や顔の傷跡で併合9級が認定され、合計約3,900万円を獲得
2020.02.06
【解決事例】死亡事故で、交渉により保険会社の提案から約3,085万円を増額
2020.02.04
【解決事例】肩関節の可動域制限により12級が認定された事案で、約1,292万円を獲得
2020.01.28
【解決事例】むちうち等の症状で異議申立により併合14級が認定され、約345万円を獲得