高次脳機能障害で2級が認定され、約3,370万円を獲得した事例

ご依頼者様データ
被害者 高崎市在住の80代女性(無職)
事故状況 ご依頼者様:自転車 /  相手方:車
傷病名 外傷性くも膜下出血、脳挫傷、肋骨骨折
後遺障害等級

別表第一第2級1号(神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの)

当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果 適正な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
入院付添費 55万円
入院雑費 50万円
将来介護費用 569万円
傷害慰謝料 332万円
後遺障害慰謝料 3,000万円
過失相殺 -629万円
賠償総額 3,370万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 高崎市在住の80代の女性が自転車で走行中に、交差点内を後退(バックで走行)していた自動車に衝突されるという事故が発生しました。

 過失割合のことや後遺障害のことをご心配されたご家族の方が、事故から約1か月の時期に、当事務所にご相談されたのがご依頼のきっかけでした。
 その後、被害者ご本人の状態が落ち着いたことから、被害者ご本人に来所頂き、ご依頼となりました。

当事務所の対応

 ご依頼頂いた後も治療を続けていただき、症状固定を待って、後遺障害の申請を行いました。
 その結果、日常生活のほとんで介助が必要な状態になったことや記憶力の低下、意欲の低下などについて、自賠法施行令別表第一第2級1号が認定されました。
 その後、後遺障害の認定結果を踏まえて、保険会社との示談交渉を行いました。

当事務所が対応した結果

 後遺障害の認定手続きでは被害者の方に残った症状と事故との因果関係が認められ、別表第一第2級1号が認定されましたが、被害者の方の症状は事故の約半年後から急激に悪化したという事情があり、保険会社側がこの点を争い、訴訟となった場合には、被害者の方に残った症状と事故との因果関係が認められるか微妙な状態でした。
 この点を踏まえてなのか、保険会社側も当初は、自賠責保険から支払われた額(2,567万円)を超える損害を認めないという立場でしたが、粘り強く交渉を続けた結果、保険会社も自賠責保険から支払われた額を超える損害が発生していることを認め、自賠責保険から支払われた額を含めて合計3,370万円で示談することになりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 事故後の約半年後から被害者の方の症状が急激に悪化したという事情から、後遺障害の申請の際にも、被害者の方に残った症状と事故との因果関係が認められるのか分からない状態でした。

 しかし、事故直後の画像所見や意識障害を指摘するなどして諦めずに主張を行ったことが良い結果につながったのだと思います。

当事務所の解決事例

2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9合が認定され、交渉により約282万円を獲得
2020.02.10
【解決事例】両肘関節の可動域制限や顔の傷跡で併合9級が認定され、合計約3,900万円を獲得
2020.02.06
【解決事例】死亡事故で、交渉により保険会社の提案から約3,085万円を増額
2020.02.04
【解決事例】肩関節の可動域制限により12級が認定された事案で、約1,292万円を獲得
2020.01.28
【解決事例】むちうち等の症状で異議申立により併合14級が認定され、約345万円を獲得