ご依頼者様データ
被害者 前橋市在住の40代女性(会社員)
事故状況 ご依頼者様:車  /  相手方:車
傷病名 第3胸椎・第4胸椎・第5胸椎椎体骨折
頚椎捻挫、右肩関節捻挫
後遺障害等級 併合8号
当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート・相手方保険会社との示談交渉
対応結果

裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
休業損害 24万円
傷害慰謝料 125万円
後遺障害逸失利益 950万円
後遺障害慰謝料 830万円
賠償総額 1,626万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 症状としては、むち打ちに伴う頚部の痛みを訴えられており、保険会社とのやりとりや金額の交渉を行ってもらいたいという意向を持って当事務所にご相談に来られました。
 実際に相談で持参していただいた診断書とともにお話をうかがうと、当初救急搬送された病院では脊柱の圧迫骨折が指摘されていたにもかかわらず、その後の整形外科の診断書には圧迫骨折の記載が無くなっていることが分かりました。
 このままの状態では、後遺障害の申請の際に後遺障害診断書に圧迫骨折の記載が無いままだと、脊柱の変形障害について後遺障害の審査がされず、脊柱変形障害の後遺障害が認められなくなる危険性があることを説明し、保険会社の対応、後遺障害の申請手続、及びその後の金額交渉を含めてご依頼いただきました。

当事務所の対応

 当事務所としては、後遺障害診断書の作成を依頼する病院が、普段リハビリしている病院ではなく、脊柱の圧迫骨折を指摘した最初の病院であった方が良いと考えました。

 救急搬送された当初の病院に、再度症状固定時のレントゲン画像、CT画像を撮影してもらい、変形の程度等も後遺障害診断書に記載してもらうように医師に掛け合いました。

当事務所が対応した結果

 その結果、後遺障害診断書に変形の程度について詳細に記載してもらい、脊柱変形として後遺障害8級の認定を得ることができました。
 また、脊柱変形の後遺障害の場合には、変形では労働に影響がないものと保険会社が主張し、低額な後遺障害逸失利益を主張されることが多いのですが、当事務所では変形部分付近に痛みを伴っていることを指摘して、労働能力喪失率を相当程度認めてもらうことに成功しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 後遺障害診断書の作成をリハビリしていた病院に依頼していた場合には、変形の有無の記載欄に何らの記載が無く変形障害として後遺障害等級が認定されない危険性があったので、その点を早期に対処でき、適正な後遺障害等級の認定を受けることができました。

 また、変形障害の場合には、保険会社から低額な後遺障害逸失利益を主張されることが多いのですが、本件については、変形に伴う痛みが存在することを指摘して、相当程度労働能力喪失率を認定してもらえたのが良かったと思います。

 

当事務所の解決事例

2020.04.03
【解決事例】高次脳機能障害が見過ごされていた主婦の方につき、当事務所のサポートにより後遺障害7級が認定され、約3500万円(8.3倍に増額)を獲得
2020.03.24
【解決事例】当事務所の認定サポートにより脊柱変形で後遺障害11級が認定され、約1,067万円を獲得
2020.03.06
【解決事例】外傷性頚椎椎間板ヘルニア等で後遺障害14級が認定された事案で、約173万円の提示額が交渉で約345万円に増額
2020.02.27
【解決事例】当事務所の認定サポートにより左肋骨骨折で後遺障害14級が認定され、約277万円を獲得
2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9号が認定され、交渉により約282万円を獲得

山本総合が交通事故被害者救済にかける想い