ご依頼者様データ
被害者 高崎市在住の70代女性(無職)
事故状況 ご依頼者様:歩行者 /  相手方:自動車
傷病名 骨盤骨折、外傷性くも膜下出血、急性硬膜下血腫、腰椎横突起骨折
後遺障害等級

併合4級

 (第5級2号、第12級7号、第12級7号)

当事務所の対応ポイント 後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果 適正な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
看護料 79万円
入院雑費 36万円
傷害慰謝料 285万円
後遺障害逸失利益 703万円
後遺障害慰謝料 1,521万円
将来介護費用 907万円
過失相殺 -883万円
賠償総額 2,648万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

 ご家族からお問い合わせいただき、他の法律事務所に依頼していたが、その後契約関係が解消されたことから、当事務所に相談にいらっしゃいました。
 ご家族から症状を伺うと、重篤な症状であることから、後遺障害につき比較的高い等級認定の可能性やその後の示談金額の増加可能性につきご説明させていただき、ご依頼の流れとなりました。

当事務所の対応

 まず、後遺障害の認定に必要な資料を収集するために、各医療機関にカルテ開示請求を行い、認定の可能性を高める資料を収集しました。また、その際には、ご家族に被害者の方が事故前と事故後に記憶障害等が生じたと考えられる具体的な状況を聴取し、当方にて書面にまとめました。
 これらの資料を収集した後に後遺障害の申請を行いました。

当事務所が対応した結果

 後遺障害の認定結果として、高次脳機能障害として5級2号、右股関節の機能障害として12級7号、左股関節の機能障害として12級7号が認定され、併合4級という結果となりました。
 その後の示談交渉では、将来介護費用後遺障害逸失利益、慰謝料の各費目で高額の賠償額にて話がまとまり、示談となりました。

弁護士の所感(解決のポイント)

武多和弁護士 まず、後遺障害の等級については、各医療機関のカルテ等を取り寄せたり、ご家族から、ご依頼者様の事故前と事故後の記憶障害を感じさせる事情を詳細に聞き取り、書面にまとめて申請を行ったことで、症状に応じた適切な等級が認定されました。

 また、示談交渉においては、将来介護費用、後遺障害逸失利益が認定されたことで高額の示談金額となりました。
 将来介護費用は5級の高次脳機能障害で認められることは少なく、かつ、訴外での交渉で相手保険会社が認めることは稀です。この点、事前にご家族から聴取していた症状を、相手保険会社に詳細に伝えたことで将来介護費用を認めてもらうことができました。
 また、後遺障害逸失利益は、原則として無職の方には認められませんが、ご依頼者様が、就労の能力や蓋然性が高いことを相手保険会社に伝えることで認めてもらうことができました。

 ご依頼者様が症状に見合った賠償額を受け取れることになったことを大変喜んで頂けましたので、今後の生活の一助になってよかったと感じております。

頭部外傷・高次脳機能障害のご相談 適切な後遺障害認定を受け、適正な補償を受けましょう。 詳しくはコチラ

当事務所の解決事例

2020.04.03
【解決事例】高次脳機能障害が見過ごされていた主婦の方につき、当事務所のサポートにより後遺障害7級が認定され、約3500万円(8.3倍に増額)を獲得
2020.03.24
【解決事例】当事務所の認定サポートにより脊柱変形で後遺障害11級が認定され、約1,067万円を獲得
2020.03.06
【解決事例】外傷性頚椎椎間板ヘルニア等で後遺障害14級が認定された事案で、約173万円の提示額が交渉で約345万円に増額
2020.02.27
【解決事例】当事務所の認定サポートにより左肋骨骨折で後遺障害14級が認定され、約277万円を獲得
2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9号が認定され、交渉により約282万円を獲得

山本総合が交通事故被害者救済にかける想い