併合14級と認定された被害者が、当事務所の異議申立てで12級が認定され、裁判によって11級相当の賠償額約1,900万円を獲得した事例

ご依頼者様データ
被害者 伊勢崎市在住の40代男性(会社員)
事故状況 自動車vs自動車
傷病名 右小趾中足骨骨折、右立方骨骨折、右舟状骨骨折、頚椎捻挫
後遺障害等級 併合14級 → 併合12級
当事務所の対応ポイント 後遺障害についての異議申立
示談交渉
訴訟提起
対応結果

異議申立てにより12級認定・

裁判により11級相当額である約1,900万円の賠償金を獲得

 

賠償額の内容
主な費目 おおよその金額
入院雑費等 11万円
傷害慰謝料 200万円
後遺障害逸失利益 1,059万円
後遺障害慰謝料 420万円
調整金等 210万円
賠償総額 1,900万円

 

ご相談・ご依頼のきっかけ

  群馬県伊勢崎市在住の40代男性が自動車を運転中に、対向車線を走行してきた相手車両がセンターラインオーバーをして正面衝突するという事故に遭われました。この事故により、右小趾中足骨骨折、右立方骨骨折、右舟状骨骨折、頚椎捻挫のお怪我をされ、治療を続けましたが後遺症が残ったため、事前認定により後遺障害等級の認定を受けられました。

 しかし、併合14級(首の痛みなどについて14級9号、右足の痛みについて14級9号)という事前認定の結果に納得出来ず異議申立をしたい、ということで当事務所でご相談を受け、ご依頼となりました。

当事務所の対応

 ご依頼頂いた後、当事務所にて異議申立を行った結果、右足の痛みについて12級13号が認められ、併合12級となりました。
 その後、加害者の保険会社(共済)と示談交渉を行いましたが、当初から金額の隔たりが大きく、訴訟(裁判)を起こして解決を目指すことになりました。

当事務所が対応した結果

 裁判の中では、右足の痛みだけではなく首の痛みなどについても12級13号に該当するから、依頼者の方の後遺障害は併合12級ではなく、併合11級になると主張しました。

 その結果、裁判所から、依頼者の方の後遺障害が併合11級に該当することを前提にした和解案が提示され、裁判所での和解が成立しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 首の痛みなどについては、異議申立においても14級9号にとどまると判断されたことから、これを裁判で覆すのは難しいように思われました。

 しかし、後遺障害診断書で指摘された画像所見が首の痛みなどの症状を裏付けるものであることを、医学的な文献を証拠として提出するなどして、出来るだけ丁寧に主張立証したことや、加害者側の反論に対してカルテなどの記載に基づいた効果的な反論を行うことが出来たことにより、首などの痛みについても12級13号に該当すると裁判所に認めてもらえました。

 結果、11級相当の賠償額1,900万円を獲得することができ、ご依頼者様の今後の生活に少しでもお力添えできる結果となったのではないかと感じています。

当事務所の解決事例

2020.02.18
【解決事例】むちうち等の症状で54万円の示談金額が提示されていた件につき、当事務所のサポートで後遺障害14級9合が認定され、交渉により約282万円を獲得
2020.02.10
【解決事例】両肘関節の可動域制限や顔の傷跡で併合9級が認定され、合計約3,900万円を獲得
2020.02.06
【解決事例】死亡事故で、交渉により保険会社の提案から約3,085万円を増額
2020.02.04
【解決事例】肩関節の可動域制限により12級が認定された事案で、約1,292万円を獲得
2020.01.28
【解決事例】むちうち等の症状で異議申立により併合14級が認定され、約345万円を獲得