case100 40代男性が当事務所のサポートによりむちうち等で後遺障害14級が認定され、裁判によって約382万円を獲得した事例

ご依頼者様データ

被害者高崎市在住の40代男性(会社員)
事故状況ご依頼者様:車 /  相手方:車
傷病名頸椎捻挫、腰椎捻挫、両肩挫傷
後遺障害等級併合14級(頸椎捻挫で第14級9号、腰椎捻挫で14級9号)
当事務所の対応ポイント後遺障害等級認定サポート相手方保険会社との示談交渉
対応結果適切な後遺障害等級の認定・裁判基準での賠償金獲得

賠償額の内容

主な費目当事務所のサポート結果
通院交通費3万円
休業損害22万円
傷害慰謝料93万円
逸失利益118万円
後遺障害慰謝料110万円
遅延損害金等32万円
合計(自賠責保険金を含む)382

ご相談・ご依頼のきっかけ

赤信号

 高崎市在住の40代男性(会社員)が、信号待ちで停止していたところ相手車両に追突される事故に遭われました。

 「相手保険会社とのやり取りが煩わしい」とのことから弁護士費用特約を利用し、交渉等を弁護士にお願いしたいとの意向で、ご依頼となりました。

当事務所の対応

後遺障害の申請

後遺障害診断書

 まず、後遺障害の申請時に被害者の症状を詳細に記載し、後遺障害に該当する旨記載した意見書を作成しました。

 その他の資料も揃えた上で申請を行いました。

 その後、示談交渉、訴訟提起を行い、訴訟上で和解が成立したことで解決となりました。

当事務所が対応した結果

後遺障害等級14級が認定

後遺障害別等級表

 依頼者の症状に手のしびれが生じていたことから、その症状を客観的に明らかにするために、頸部MRIの撮影を依頼しました。

後遺障害等級の審査では、MRI等の画像所見が重視される傾向があります。

 また、症状を裏付ける資料を全て揃えて後遺障害の申請を行ったことにより、無事14級が認定されました。

裁判でこちらの要求通りの賠償金を獲得

交通事故の裁判

 14級認定後、示談交渉に入りましたが、相手保険会社の提案額は、誠実とは言い難いものでしたので、訴訟提起をしました。

 訴訟で、依頼者に生じた損害を積極的に主張することで、結果的には、全て当方の主張が認められた内容で、和解が成立しました。

弁護士の所感(解決のポイント)

 多くの事案では、相手保険会社との示談交渉(話し合い)によって解決に至ります。

 もっとも、相手保険会社の対応が不誠実な場合には、多少時間がかかっても、訴訟提起を行うことが、依頼者の利益になることもあります。

 本件では、示談交渉の段階では請求額の7割に満たない金額でした。そのため、訴訟による解決が適した事案と言えました。結果、こちらの請求額100%での和解が成立しました。

 ケースバイケースではありますが、訴訟によって依頼者の損害を補填するに足りる賠償額を獲得するべく代理人は全力を尽くすべきであると考えております。

武多和弁護士
タイトルとURLをコピーしました
電話番号:0120783981
メール問合せ
LINE問合せ