交通事故などの法律トラブルに巻き込まれて弁護士に頼みたい、と思ったとき、「どこの弁護士に依頼したら良いのだろう?」と迷ってしまわれる方が多いです。

弁護士事務所には「大手、全国展開型」と「中小 地元密着型」があり、それぞれに依頼するメリットとデメリットがあります。

もちろんケースやお好みにもよりますが、中小の地元密着型の弁護士に依頼すると、親切丁寧な対応を受けられたり地域の実情に即した対応を期待できます。

以下では「地元密着型の法律事務所」のメリットとデメリットをご紹介します。

1.地元密着型の法律事務所のメリット

1-1.地域の実情に即した対応を受けられる

地元密着型の弁護士に依頼する1つ目のメリットは、その地域の実情に即した対応をしてもらえることです。 法律トラブルを解決する際には「地域の事情」が影響するケースがあります。たとえば交通事故でも地域によってよくあるパターンがありますし、裁判所の傾向や考え方も地方ごとに微妙に異なります。 特に交通事故の分野では、保険会社が相手方となることが多いですから、いかに地元の保険会社支店の情報を有しているかが交渉の実務では大きなキーポイントとなります。

また、交通事故では大きな怪我を負ってしまうことが多くあります。後遺症が残ってしまった場合に、後遺障害等級認定がされるかどうかも、獲得できる賠償金の額に大きな差が出ます。 交通事故で後遺障害認定を受けるには、事故当初から適切に対応しておく必要があります。

どのような病院に通院するのか、どのような検査をしてもらえばよいのか、医師とどのようにコミュニケーションを取るのかなど配慮しておきたいポイントがいろいろあります。

地元の医師・医療機関の情報を把握している弁護士であれば、適切な後遺障害等級認定のためのサポートをすることが可能なのです。


<もっと詳しくはコチラ>

当事務所の後遺障害等級認定サポートについて

被害者側専門&交通事故専門チームが対応


以上の様に、地域で専門的に交通事故を取り扱っている弁護士であれば、勝手をわかっているので、各場面において有利に運びやすくなります。

1-2.コミュニケーションを取りやすい

地域密着型の弁護士の場合、事務所が近くにあるのでいつでも気軽に相談しやすいです。また、大手事務所のサラリーマン弁護士とは異なり、経営者やそれに近い責任ある立場の弁護士が対応するので、依頼者にとっても頼りがいを感じられやすいでしょう。

1-3.親近感をもてて丁寧に対応してもらえる

地域密着型の弁護士の場合、同じ群馬の弁護士ということで、弁護士も依頼者もお互いに親近感を持ちやすいものです。
全く知らない地域の大手の弁護士に依頼するより安心感があります。

2.地元密着型の法律事務所のデメリット

2-1.不得手な業務分野がある可能性

地元密着型の中小の弁護士の場合、すべての業務分野に精通しているとは限りません。事務所に所属している弁護士の人数が少ないためです。
ただし、得意分野を依頼するのであれば何の問題もありません。

2-2.ネームバリュー

最近ではテレビCMをしているような大事務所もあり、世間で名前を知られています。地元の中小弁護士の場合、そうしたネームバリューはないので、人によっては大手の方が良いと思うかも知れません。ただネームバリューは弁護士の実力とは無関係なものなので、それよりは実質的な判断をされた方が良いでしょう。

山本総合法律事務所は、群馬の地元のみなさまのために、交通事故を中心として誠心誠意サポートいたします。お困りの際には地元の弁護士が丁寧に対応いたしますので、お気軽にご相談下さい。

>>当事務所の弁護士紹介はこちら

当事務所へのアクセス

県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。
お車でお越しの方向けに無料駐車場を完備しております。
ご予約の際にスタッフから詳しいご案内をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

>>事務所の詳しいご紹介はこちらから