Q.交通事故の賠償金は計算する人によって金額が変わりませんか?

交通事故の損害賠償金の額は、治療期間や後遺症の程度によって定型化されていてすぐ計算できるのでしょうか?ケースごとに一から計算するのでは、担当した人によって計算結果が違ってきて、被害者が損する可能性がありませんか?

A.交通事故の損害賠償金の額は、ある程度確立されている基準に基づいて算定します。そのため、個別の事案ごとに一から計算することはありません。ただ、算定基準が3つあるため、どの基準を用いるかによって、金額が変わってきます。

3つの基準というのは、自賠責基準、裁判基準(弁護士基準)、任意保険基準と呼ばれるものです。

■自賠責基準
最も低い基準は、自賠責基準と呼ばれるもので、自賠責保険の基準です。
自賠責保険は、被害者に最低限の賠償を補償することが目的の強制保険であるため、3つの基準の中で最も低い額になります。

■裁判基準(弁護士基準)
最も高い基準は、裁判基準又は弁護士基準と呼ばれるものです。
裁判基準は、過去の交通事故に関する判例の累積を基に整理された基準です。
弁護士や裁判官はこの基準を基に損害賠償額を算定します。

■任意保険基準
自賠責基準と裁判基準の中間の額となっているものが、任意保険基準と呼ばれる基準です。
もっとも、任意保険基準は、各保険会社が独自に定めており、公開もされていません。つまり、保険会社が勝手に作っている内部の取扱い基準であり、客観的な性質のものではありませんので、もともと「基準」と呼ばれるべきものですらありません。
そして、自賠責基準と裁判基準の中間の額といっても、保険会社が実際に被害者に対し提案する賠償額は、自賠責基準で算定した賠償額に近い低額なものであることが多く、弁護士が裁判基準に基づいて算定した賠償額と比べると大きな差があるのが通常です。

保険会社から賠償額の提案がされ、その額が適正かどうか分からないなどといった場合は、一度交通事故に精通した弁護士に相談してみることをおすすめします。