交通事故で骨折した場合,初診時に,医師にご自身の症状をしっかりと伝えることが重要です。

1 はじめに

交通事故で骨折した場合,救急車で運ばれるか,または,ご自身で病院へ行って,初診を受けることになると思います。
いずれにしても,骨折するような事故の場合,大きな事故で、痛みも多い,ということが多く,初診時はあまり症状をうまく伝えることができないかもしれません。

しかし,初診時にしっかりと症状を伝えることは,
① 今後適切な治療を受けるためにも,
② 治療の終了後,適切な損害賠償を受けるためにも,
③ また,万が一後遺症が残ってしまった場合に適切な行為障害等級認定を受けるためにも,
とても重要です。

① 適切な治療を受けるために

交通事故に遭い,救急車で運ばれた場合や,ご自身で初診を受ける場合,まずは,レントゲン撮影をすることが多いでしょう。
そして,その画像を見て,医師が骨折していると認めたときは,その骨折の治療が始まります。

もっとも,一度レントゲン撮影をしただけでは,骨折が判明しない場合があります。
例えば,骨折があっても撮影の範囲に含まれていなかった,とか,正面臥位と立位(座位)正面との比較をしないと骨折が分からない,とか,CT検査をしても分からない場合やMRI検査をしても分からないといったような場合が,かなりまれですがあります。
その場合には,被害者の方が訴える症状をもとに,他の検査と組み合わせた検査を行ったり,時期や時間,方法を変えて検査を行ったりします。

そこで,医師が確実に骨折を発見し,適切な治療方針を立てられるよう,ご自身でも痛みや違和感を感じているということをきちんと伝えましょう。
もし医師が骨折に気付かないまま時間が経ってしまうと,症状が悪化したり、完治すべきものが完治しなかったりするおそれがあります。

② 適切な損害賠償を受けるために

例えば,交通事故に遭って骨折したのに,当初は症状をしっかり伝えることができなかったため,その骨折については診断書への記載や治療が行われなかったとします。

しかし,しばらく経ってやはり痛みや違和感があるので検査してみたら,実は骨折していて,そのときから治療を開始した,という場合が考えられます。
しかし,治療後,加害者に治療費を請求した場合,加害者が,「被害者が骨折を訴えたのは,事故からかなり日数が経ってから。つまり,被害者が事故の後に別の理由で骨折したのであって,事故とは無関係だ。だから,自分にはその治療費を支払う責任はない」と主張する可能性があります。

また,通院にかかった交通費や装具・器具の購入費などについても同じことがいえます。
加害者としては,「もし本当に被害者が交通事故で骨折していたのなら,当初から骨折による痛みや違和感を訴えているはずだ。訴えていなかったということは、当初は痛みも違和感もなかったということ,つまり,そのときは骨折していなかったということだ」と主張する可能性があるのです。

したがって,適切な損害賠償を受けるためには,初診時に症状をしっかりと伝え,医師に,当初から痛みや違和感といった症状,骨折の事実があることを,診断書等に記載してもらう必要があるのです。

③ 適切な後遺障害等級認定のために

後遺障害等級は,自賠責損害調査事務所という機関が認定します。
骨折により万が一後遺症が残ってしまった場合には,その後遺症につき等級認定を得て,その等級に見合った後遺傷害慰謝料や後遺障害逸失利益の賠償請求をしなければなりません。

後遺傷害慰謝料や後遺障害逸失利益の額は,後遺障害等級により決まりますから,適切な賠償を受けるためには,適切な後遺障害等級を認定してもらわなければなりません。

では,自賠責損害調査事務所がどのように後遺障害等級を認定するかというと,例えばX線検査などの検査結果を検討したり,事故態様や,症状が当初からあったか,といったことも考慮したりします。
検査の結果,異常があり,そのような異常があれば,普通に考えて後遺症も発生しているだろうと考えられるのであれば問題ありません。

しかし,例えば,異常があったとしても、その異常だけでは後遺症が発生したかどうか微妙であるといったケースでは,交通事故が大きなものであったとか,被害者が当初から症状を訴えていたとかいったことが重要となってきます。

つまり,仮に異常があったとしても,被害者が全く症状を訴えていなかったとか,訴えていたとしても事故からかなり後になって訴えるようになったとかいった場合には,適切な後遺障害等級は認定されない可能性もあるということです。

次に,後遺症が残っていると認められるとしても,その後遺症がその交通事故から生じたと言える必要があります。
骨折に関する症状を当初から訴えることは,この段階において,より重要となってきます。
つまり,【② また,適切な損害賠償を受けるために】のところで説明したように,自賠責損害調査事務所が,「被害者は,交通事故の後,交通事故とは関係ない理由でけがをし,後遺症が残った」と判断する可能性があるということです。

つまり,仮に後遺症があると認められるとしても,例えば事故から1か月も経ってから初めて痛みを訴えているのは不自然であるから,事故と骨折は関係が無いと判断されるおそれがあるのです。
したがって,自賠責損害調査事務所に,適切に交通事故から生じた後遺症であると認定してもらうために,初診時からしっかりと医師に症状を伝えておくことがとても重要なのです。

5 最後に

骨折している場合,痛みがひどく,きちんと症状を伝えることはなかなか難しいかもしれません。
また,複数骨折していて,一番ひどい骨折だけに意識が集中し,他の骨折については意識が行かないかもしれません。
また,こんな痛みは大したことないから,いいか,そのうち治るだろう,と考えてしまうかもしれません。

しかし,初診時に痛みを伝えることは,以上説明したように,適切な治療を受けるためにも、適切な賠償を受けるためにも,とても重要なのです。
そこで,できる限り,症状をしっかりと丁寧に伝えるようにすることが必要です。
また,大したことないかも,とか,そこまで気になるわけじゃないし,と思っても,一応伝えてみましょう。

交通事故に遭ったら,けがや痛みのことで精一杯になってしまうものですが,何よりもご自身のために,初診時には症状をしっかり伝えることをして下さい。

もし,初診時に症状を伝えていなかったけれど,痛みや違和感があり,もしかしたら骨折しているかもしれない,と感じたときは,すぐにそれを医師に伝え,適切な検査を受けるようにして下さい。

そして,もし骨折していることが分かった場合には,できる限り早く,交通事故に詳しい弁護士に相談して下さい。