交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 入院付添費はどのような場合に認められるのですか?

入院付添費はどのような場合に認められるのですか?

 

A.現在の実務上、医師の指示があった場合や付添の必要性が認められる場合に入院付添費が認められます。

 

交通事故による賠償額の算定基準として、自賠責保険基準、任意保険基準、裁判所基準の3種類があります。

 

自賠責保険基準とは、強制保険である自賠責保険で採用されている基準で、最低限の保障を行うことを目的とした基準であり、任意保険基準とは、各保険会社が、定めている自社の支払基準のことをいいます。

 

 そして、裁判所基準とは、裁判所の判断の積み重ねにより認められてきた賠償額を目安に、基準化したものをいい、弁護士にご依頼いただいた場合には、裁判所基準で相手方と交渉及び裁判します。

 

 この点、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準でも、交通事故が原因で入院し、近親者等が付き添った場合には、その保障を受けることができます。

 

 ただ、入院付添費が認められるのは、医師の指示があった場合や受傷の内容、程度、被害者の年齢等に照らして付添看護の必要があると認められる場合に限定されています。

 

 それゆえ、入院中に身の回りのことをすべて自分でこなすことに支障がない場合等、付添看護の必要がないと認められる場合には、入院付添費を加害者に求めることはできません。

 

 そして、入院付添費の具体的な計算方法としては、自賠責基準では、付添期間に4100円を乗じた金額とされており、任意保険基準では、基本的に保険会社によりますが、自賠責保険基準に近い金額となることが多いといえます。

 

 一方で、裁判所基準では、付添期間に6500円を乗じた金額が入院付添費として認められています。それゆえ、裁判所基準の方が、1日あたりの入院付添費が高いので、被害者にとって非常に有利と言えます。

 

 より詳しいことにつきましては、一度、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談ください。


modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F