交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 交通事故による受傷が原因で後遺障害が残りました。そのため、症状固定後の収入が減っているのですがこの点について何か補償を受けることはできませんか?

交通事故による受傷が原因で後遺障害が残りました。そのため、症状固定後の収入が減っているのですがこの点について何か補償を受けることはできませんか?

 

 現在の実務上、交通事故による受傷が原因で、後遺障害が残り、労働能力が低下して症状固定後の収入が減少するような場合には、後遺障害逸失利益として補償を受けることができます。

 

 交通事故による受傷が原因で、後遺障害が残ることがあります。そして、その後遺障害により仕事に支障が生じ、収入が減少してしまうこともあります。

 

 この点、交通事故によって後遺障害がなければ得られたであろうと考えられる利益については、現在の実務上、症状固定日以降については、後遺障害逸失利益として相手方の保険会社等に請求することができます。

 

 つまり、交通事故による受傷が原因で、後遺障害が残り、労働能力が低下して収入が減少するような場合には、その補償が受けられるということです。

 

 なお、事故前と比較して症状固定後の収入が減少していないような場合、後遺障害逸失利益の補償を受けることができないのではないかとお考えになる方もいらっしゃるかと思います。

 

 しかし、後遺症逸失利益は症状固定後現在までにすでに生じた損失のみならず、今後労働能力の減少の影響が続く時点までの将来に生じる損失をも含む概念です。それゆえ、裁判実務においては、すでに実際に減収が生じているか否かという点のみをもって後遺障害逸失利益の有無を判断しているのではなく、後遺障害の部位・内容・程度と被害者の仕事の具体的内容との対応関係からみて業務に支障が生じ減収が生じる可能性があるか否か、あるいは、周りの方々の好意や本人の努力などによって減収が避けられているに過ぎないのではないか、といった全ての事情を総合的に考慮して、労働能力の減少により収入の減少が生じる可能性の有無を判断しています。

 

 それゆえ、症状固定後現在までに減収がなかったとしても、必ずしも後遺障害逸失利益が認められないというわけではありません。

 

 より詳しいことにつきましては、一度、交通事故の実務に精通した弁護士にご相談ください。


modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F