交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 交通事故の被害に遭って、示談交渉をする際に注意すべきポイントは何でしょうか?

交通事故の被害に遭って、示談交渉をする際に注意すべきポイントは何でしょうか?

 

 交通事故が起こった場合、まずは示談交渉を行うことになるのが通常です。示談交渉とは、被害者と加害者が話し合って、合意に達することができれば示談をして解決するというものです。そして、示談は一度行うと基本的にはそれを取り消すことはできませんので、示談交渉は非常に重要な段階といえます。

 

 まず、示談交渉の際には、こちらの主張をしっかりと相手方に伝えることが重要です。例えば、現に被っている損害の賠償については、遠慮したりせずに率直に相手に要求することが重要です。

 

 また、加害者本人との話し合いではなく、加害者が加入する任意保険会社との示談交渉の場合、保険会社が提示する賠償金額が低額であることに注意が必要です。つまり、交通事故による損害の算定基準には、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準の3つがありますが、保険会社が提示してくるのは通常は任意保険基準による金額で、これは裁判基準に比較すると非常に低額なものなのです。そのため、保険会社が提示してきた金額が妥当なものなのかよく分からないというような場合は、交通事故による損害賠償の実務に精通した弁護士にご相談されるのがよろしいでしょう。

 

 そして、交通事故の場合、後遺障害による損害のように、現時点で把握できないけれども将来発生する可能性がある損害もあり得ます。ですので、後遺障害の有無が明らかになるまで示談しないことや、そういった損害については別途請求できることを明確に合意して示談書に記載する等、後に請求ができなくなるような事態を防ぐことに注意が必要です。

 

 示談交渉は、以上のように決して簡単なものではありませんので、ご自身で行うことに不安がある場合や、賠償額が大きい等、特に慎重を要する場合等には、無理にご自身で対応せず、交通事故による損害賠償の実務に精通した弁護士にご相談ください。


modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F