交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 交通事故で怪我をして、入院することになったのですが、特別室に入れられました。特別室は通常の大部屋よりも費用が高くなるようなのですが、その分も加害者に請求できますか?それとも自己負担になる

交通事故で怪我をして、入院することになったのですが、特別室に入れられました。特別室は通常の大部屋よりも費用が高くなるようなのですが、その分も加害者に請求できますか?それとも自己負担になるのでしょうか?

 

 特別室を使用することが、医師の指示によるか、又は特別な理由によるものであれば、特別室の使用料も請求することができます。

 

 交通事故による怪我の治療にかかった費用は、必ずしも実費全額が請求できるわけではありません。つまり、治療の必要性と相当性がある部分については請求できるのです。

 

 この点、入院の際の特別室の使用料は、その治療のための必要性と相当性が問題になります。というのも、通常の大部屋に入院しても十分な場合であれば、特別室の使用料がそれを上回る分については、過剰な費用とも考えられるからです。

 

 これについては、医師の指示か、又は特別な理由によって特別室を使用する場合には、特別室の使用料も請求できるとされています。この特別の事情とは、症状が重かったとか、空室がなかったといった事情です。

 

 もっとも、特別室を使用することにはこういった理由があるけれども、その一部については被害者本人側の事情によるものとして、一部については加害者に請求できないという場合もあります。

 

 例えば、事故前から既に何らかの病気があって、その症状と事故による負傷が相まって特別室を使用する必要が生じたような場合には、特別室を使用しなければならなかった理由の一部は被害者本人側の事情と考えられるので、一部は加害者に請求できない場合があります。

 

 詳しくは、交通事故による損害賠償に精通した弁護士にご相談ください。


modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F