交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • ある自動車が、違法駐車していたもう1台の自動車をよけきれずに、走行中の私の自動車に衝突してきました。衝突してきた自動車の運転者だけでなく、その違法駐車の自動車の運転者にも、損害賠償請求で

ある自動車が、違法駐車していたもう1台の自動車をよけきれずに、走行中の私の自動車に衝突してきました。衝突してきた自動車の運転者だけでなく、その違法駐車の自動車の運転者にも、損害賠償請求できますか?

 

 具体的事情によっては、違法駐車していた自動車の運転者にも損害賠償請求できる可能性があります。

 

 まず、不法行為(民法709条)という根拠で損害賠償請求することが考えられますが、この場合、相手の故意又は過失によって損害を受けたといえることが必要になります。

 

 ご質問のように違法駐車していた運転者については、まず、過失が問題になります。これについては、他の通行者に危険が及ぶような方法で違法駐車していたのであれば、過失が認められることになるでしょう。

 

 次に、その違法駐車という行為によって事故が起こったという因果関係が問題になります。この点、具体的な事情によりますが、他の自動車の通行にとってかなり邪魔になるような態様の違法駐車であれば、事故につながることも相当といえますので、因果関係が認められることもあり得るでしょう。

 

 これらの要件を満たせば、不法行為に基づいて、物損や人損に基づく損害について賠償請求することができます。

 

 また、違法駐車していた運転者に対して、運行供用者責任(自賠法3条)という責任を追及できる可能性もあります。これは、人損について相手方の自賠責保険会社に保険金を請求する関係で、特に問題になります。

 

 この責任が成立するには、「運行によって」損害を与えたということが必要になりますが、具体的事情によっては、駐車していたことも「運行」に当たることがあるので、運行供用者責任を追及できる可能性もあります。


modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F