個別の事情によって判断されることになりますが、持ち主が損害賠償責任を負う可能性があります。

ご質問のケースで、交通事故を起こした加害者本人が被害者に対して損害賠償責任を負うのはもちろんですが、その自動車を加害者に貸した所有者も、運行供用者責任という責任に基づいて損害賠償責任を負う可能性があります。

運行供用者責任とは、自賠法3条が定めるもので、ある自動車の「運行供用者」に当たる人は、その自動車の運行によって他人の生命又は身体が害されたことによる損害について賠償する責任を負うというものです。

他人に自動車を貸した所有者は、この運行供用者に該当する場合があるのですが、全ての場合に運行供用者に該当するわけではなく、様々な事情を総合的に考慮して、運行供用者かどうかが決まります。具体的には、自動車を貸していた期間の長さ、加害者が約束した期間内に事故を起こしたのか、それとも約束した期間を過ぎても自動車を返さずに事故を起こしたのか、所有者は賃貸料を受け取っているのか、その賃貸料が高額なのか、などといった様々な事情から、所有者が運行供用者なのかが判断されることになります。

例えば、所有者が友人に1日使ってよいとの約束で自動車を貸して、その日の内に友人が交通事故を起こしたという場合、所有者にその自動車の支配が残っているとして、所有者が運行供用者に当たる可能性があるでしょう。

そして、運行供用者に当たる人が、自己及び運転者が自動車の運行に関して注意を怠らなかったこと、被害者または運転者以外の第三者の故意又は過失があったこと、自動車に構造上の欠陥又は機能上の障害がなかったことという免責事由を立証できない場合、運行供用者責任が成立し、生命又は身体の被害について損害賠償責任を負うことになります。

以上のように、友人に自分の自動車を貸した所有者は、その自動車によって生じた交通事故について、具体的事情によっては、被害者に対して損害賠償責任を負う場合があります。