会社の従業員が社用車で交通事故を起こした場合、それが無断使用であっても、具体的事情によっては被害者がその会社に対して損害賠償請求することができる場合があります。

ご質問のケースでは、もちろん加害者本人に損害賠償請求することが可能ですが、本人に十分な資力がない場合には、会社に対しても損害賠償を求めていきたいところです。そのために、会社の使用者責任を追及する方法と、運行供用者責任を追及する方法が考えられます。

まず、使用者責任とは、民法715条に規定された責任です。これは、従業員が事業の執行について他人に加えた損害について、使用者が賠償責任を負うというものです。

そのため、ご質問のケースでは、従業員が「事業の執行について」交通事故を起こしたといえる必要があることになりますが、この要件は、実際に仕事として行っていたかどうかではなく、客観的に仕事として行っているように見えたかという観点から判断されます。

したがって、無断使用だから会社が責任を免れるというわけではありません。無断使用であっても、事故当時の状況などから客観的に見て会社の業務として運転していたように見えたのであれば、被害者は会社に損害賠償請求することが可能です。

次に、運行供用者責任とは、自賠法3条に規定された責任です。これは、自動車の「運行供用者」に当たる者が、その自動車の運行によって人の生命・身体を害した場合に、それによって生じた損害について賠償責任を負うというものです。
この点、もし加害者が自動車を業務のため使用中に事故を起こしたのであれば会社は運行供用者に当たるのですが、ご質問のケースのような無断使用の場合には、会社が運行供用者かどうかは一概にはいえず、具体的事情によって変わってきます。

例えば、無断使用がされたことについて会社にも管理面で落ち度があった場合には、運行供用者とされることが多いようです。他にも、会社の業務の前後の運転だったのか、あるいは業務と全く関係のない運転だったのか等、様々な事情を総合的に考慮して、運行供用者責任に当たるかが判断されるのです。

以上のような要件を充たし、かつ、会社の側で免責事由(自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかったこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があったこと、自動車に構造上の欠陥又は機能の障害があったこと)を立証できない場合には、会社に対する損害賠償請求が認められることになります。