交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 妊娠中に交通事故の被害に遭ったために死産又は流産することになった場合、通常よりも慰謝料の金額は増えるのですか?

 

Q.妊娠中に交通事故の被害に遭ったために死産又は流産することになった場合、通常よりも慰謝料の金額は増えるのですか?

 

 

 慰謝料の金額は増額されることになります。

 

 妊娠中に交通事故の被害に遭われた方の中には、事故時の衝突の衝撃の影響等が原因で、死産あるいは流産に至ってしまう方もおられます。

 

 慰謝料とは、苦痛や悲しみ等の精神的な損害に対する賠償ですが、このように死産・流産に至ったことによる苦痛という精神的損害は、通常の傷害慰謝料などによってまかなわれるものではないと考えられます。

 

 そのため、実務では、死産・流産に至った場合には、通常の場合と異なり、死産・流産に至ったことに基づく慰謝料が別途発生する扱いとなっており、慰謝料の金額はその分増えることになります。

 

 自賠責保険においては、妊娠月数(妊娠していた期間)に応じて慰謝料の金額の目安が定められています。これによれば、妊娠月数が長いほど慰謝料の金額が多くなり、その金額は30万円~80万円とされています。

 

 また、裁判になった場合についてどれくらいの金額が認められるかという点については、妊娠月数の長さだけでなく、その他の様々な具体的事情を考慮して金額が算定されています。

 

 以上のように、交通事故が原因で死産・流産に至った場合には、慰謝料の金額が増額されることになります。



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F