交通事故の被害に遭い顔に怪我をした姉が、事故後に怪我を苦にして自殺をしました。
姉が死亡したことについて加害者に損害賠償請求できますか?

A.交通事故の加害者に対して賠償を求めることができるのは、発生した損害のうち交通事故と因果関係が認められるものに限られます。

 したがって、交通事故と被害者の自殺との間に因果関係が認められれば、この点についても加害者に対して損害賠償を求めることは可能です。

 もっとも、ここで言う「因果関係」が認められるためには、「交通事故に遭わなければ被害者が自殺することはなかった」という関係が認められるだけでは足りないと考えられています。

判例上は、「相当因果関係」が認められる必要があるとされています。
「相当因果関係」がどういったものかについて誤解を恐れずに説明するならば、その交通事故に遭ったことにより被害者が自殺することが、社会通念に照らして通常のことと言えるかどうかを、交通事故から被害者の自殺までの経過等の様々な事情を考慮して判断し、通常のことと言える場合には、「相当因果関係」が認められると判断されているようです。

 このように、被害者が自殺した点につき、加害者に損害賠償を求めるためには、交通事故と被害者の自殺との間に「相当因果関係」が認められることが必要です。
 また、交通事故と被害者の自殺との間に「相当因果関係」が認められる場合でも、被害者が自殺したことにつき被害者の心因的要因が影響していることを理由に、賠償を求めることができる損害額が減額されることがありますので、この点にも注意が必要になります。