今回の相談は、運転手の好意で車に同乗させてもらっていたところ、その運転手の過失により交通事故が発生し、同乗者が怪我をしたというケースです。
 このように、運転手の好意で同乗させてもらっていた人が、運転手に対して損害賠償を求めることができるか、損害賠償を求めることができるとしても損害の全額の賠償を求めることができるかについては、かつては議論がありました。
 しかし、現在では、同乗者が運転手に対して損害賠償を求めることができることを前提として、どのような場合に賠償額が減額されるかという形での議論がされています。
 そして、運転手の飲酒など事故が発生する危険性が高いような客観的な事情が存在することを認識していながら同乗した場合や、速度違反などの危険な運転を煽るなど同乗者自身が事故発生の危険性を高めるような行為を行った場合には、賠償額が減額されるのが一般的です。

 このように、単に運転手の好意で同乗させてもらったことのみをもって賠償額が減額されることがありませんが、今までに説明したように交通事故の発生について同乗者に何らかの責任が認められるような場合には、賠償額が減額される場合があります。