交通事故による人的損害の額がどのくらいになるかは、被害者の怪我の程度や後遺障害の有無、その程度、年齢、職業などの様々な事情によって大きく変わってきますので、一般的にどのくらいかどうかということはできません。

ですが、後遺障害が残った場合はそうでない場合に比べて損害額が高額になることは確かですし、交通事故により被害者が亡くなったり、重い後遺障害を負った場合には、賠償額は非常に高額になります。人的損害全体で1億円や2億円を超える損害額が認められることもあります。

ちなみに、物的損害についても賠償額が高額になるケースもあり、1億円以上を認めた裁判例も存在します。

車は、自賠責保険に加入することが法律で義務付けられていますが、自賠責保険の補償は対人補償だけで対物補償はありません。補償額の上限は、死亡の場合が3000万円、後遺障害が残った場合は後遺障害の程度に応じて最高で4000万円、傷害については120万円と決まっており、高額補償に備えるにはまったく足りないのは明らかです。自賠責保険以外に自動車保険へ加入するかは任意ですが、交通事故に遭った時の対人・対物補償に対する備えを十分にするために非常に重要な保険であると言えるでしょう。