損害賠償には3つの基準があり、それぞれ基準額が異なるため、できるだけ有利な条件を引き出すのが望ましい示談の進め方です。

損賠賠償の3つの基準とは、自賠責基準、任意基準、弁護士基準(裁判基準)です。

自賠責基準とは、強制保険である自賠責保険ないしは自賠責共済の支払い基準です。

任意保険基準とは、任意保険の支払いについて保険会社が内部的に定めている支払い基準です。

弁護士基準(裁判基準)とは、過去の裁判例などに基づいて、裁判になった場合の損害賠償額算定の目安について示したもので、以前にもお話した「赤い本」などが実務的には広く利用されています。

保険会社が示談の申し入れをしてくる場合、ほとんどのケースで自賠責基準か任意基準で算定を行っています。被害者側からしてみれば、弁護士基準を採用した方が損賠賠償額が大きくなるのであれば、弁護士基準で算出したいと思うのは当然です。

加害者側の保険会社から提示された損賠賠償金額に納得できない場合や、提示された金額が妥当なものか判断できない場合には、一度弁護士に相談されてはいかがでしょうか。