交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 交通事故に遭った場合、自覚症状がなくても病院に行った方がいいのですか?

交通事故に遭った場合、自覚症状がなくても病院に行った方がいいのですか?
交通事故に遭って受傷した場合、特に自覚症状がなくてもできるだけ早く病院で診察を受けることをお勧めします。

例えば、追突事故で多く発生する頚椎捻挫や腰椎捻挫などのいわゆるむちうち症は、事故の当日は何ともなくても、数日後に自覚症状が出ることがあります。
また、事故直後に、特に怪我をしていないからと思って警察を呼ばずに相手と別れたりすると、後から症状が悪化した時に相手に被害を訴えても無視されたり、連絡さえつかない可能性があります。

さらに、交通事故に遭ってから病院で診察を受けるまでに期間が空いてしまうと、交通事故による怪我であることについて疑問を持たれる可能性があり、ときには事故と怪我との因果関係の立証が難しくなることも考えられます、そのため、事故の日からだいぶ経ってからの受診は被害者にとって不利になる恐れがあります。

以上の通りですから、交通事故に遭った場合には、特に自覚症状がない場合でも病院で診察を受けること、自覚症状が出た場合にはすぐに病院で診察を受けることが大切なのではないかと思います。

 



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F