交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 交通事故Q&A
  • 従業員がマイカーで通勤途中に人身事故を起こして徒歩で通学途中の高校生が負傷しましたが、その従業員は任意自動車保険に未加入でした。会社は被害弁償に応じる義務がありますか?

従業員がマイカーで通勤途中に人身事故を起こして徒歩で通学途中の高校生が負傷しましたが、その従業員は任意自動車保険に未加入でした。会社は被害弁償に応じる義務がありますか?

従業員がマイカーを通勤だけでなく業務にも使っており、そのことを会社が積極的に認めていた場合は、交通事故につき会社の責任を問いやすいと言えます。

これに対して、従業員がマイカーを通勤にのみ使用して業務そのものには使用していない場合、会社の責任は認められにくい傾向にあると言えます。

会社がマイカー通勤を禁止しているにもかかわらず、マイカー通勤をして交通事故を起こした場合や、マイカー通勤自体を禁止していたわけではないが事実上黙認していたに止まる場合については、従業員の起こした交通事故につき会社の責任を問うことは一般的にはなかなか難しいと思われます。一方、会社がマイカーによる通勤を積極的に指示ないしは奨励していたような場合には、交通事故について会社の責任を問える可能性があります。

このように、従業員がマイカーを通勤にのみ使用して業務そのものには使用していない場合、会社がマイカー通勤を積極的に認めていたというような事情がない限り、交通事故についての会社の責任は否定される可能性が高いと言えます。

 



modoru Q&a0001.png

 

【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから
 

 


 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F