さまざまな解釈がありますが、第三者に車の運転を容認していたと見られてもやむをえないような客観的な状況があった場合は責任を認めるという考えが一般的です。

車が盗まれて、盗んだ人物が事故を起こした時に、車の所有者に責任がないのかという問題にはいくつかの考え方があります。

その中でも、客観的な事情から評価して、保有者において第三者による自動車の運転を容認していたといわれてもやむを得ない場合には、自動車を盗んだ者が起こした交通事故について保有者が責任を負うという考え方が一般的であると言えます。

そして、保有者において第三者による自動車の運転を容認していたといわれてもやむを得ない場合にあたるかの判断にあたっては、保有者に自動車管理上の過失があったか(例えば、どのような場所に駐車していたか、どのくらいの時間駐車していたか、自動車のドアに鍵をかけていたか、エンジンキーを差し込んだままにしていなかったか等の事情から判断されます)、自動車が盗まれてから交通事発生までの時間的・場所的間隔がどの程度のものであったか等を考慮して総合的に判断されることになります。