交通事故の被害者の中には、医療機関から交通事故の治療の場合には健康保険が利用できないという説明を受けたことがある人もいらっしゃるかもしれません。しかし、実際には交通事故であっても原則的には健康保険は使用可能です。ですので、基本的には健康保険を使って治療をして、健康保険適用外の治療が必要な場合のときだけは自由診療で受診すれば良いでしょう。

健康保険を利用するかどうかは、過失相殺とも関係があります。過失相殺とは、被害者にも交通事故発生について過失があった場合には、その過失の割合分だけ損害額から差し引くという考えです。そして、過失相殺が行われる場合、健康保険を利用していないと、利用した場合に比べて、受け取ることのできる賠償額が少なくなってしまいます。
ですので、特に過失相殺の可能性がある場合には、健康保険を利用した方が、被害者にメリットが大きいということになります。

一方、仕事中に自動車を運転していて交通事故に遭った場合など、労災保険の適用がある場合には、原則として健康保険を利用することはできませんので、この場合は、原則として労災保険の各種の給付を受けることになります。