交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

交通事故Q&A 5

 

▶交通事故Q&A1へ  ▶交通事故Q&A2へ    ▶交通事故Q&A3へ  ▶交通事故Q&A4へ  ▶交通事故Q&A6へ

 

Q.交通事故の被害に遭って怪我をして、通院が必要になりました。かなり重い怪我で、一人で病院まで行くのも難しかったので、家族に付き添ってもらいました。その家族の付添交通費も加害者に請求できるのでしょうか?

 

Q.交通事故の被害に遭って怪我をしたため、通院して治療中です。通院交通費は、どの交通手段を使っても、全部加害者に請求できるのでしょうか?

 

Q.交通事故によって負った怪我の症状がまだ残っているのに、保険会社から、治療費の支払いを打ち切ると言われました。もし治療費の支払いが打ち切られたら、治療を終了するしかないのでしょうか?

 

Q.交通事故で怪我をして、その治療を受けていたのですが、医師からは症状が固定したと言われました。その後の治療費は加害者に請求できるのでしょうか?

 

Q.交通事故で怪我をしたのですが、治療が終了してもなお痛みなどの症状が残っています。後遺障害があると思うのですが、後遺障害がある場合にはどのような請求ができるのでしょうか?

 

Q.交通事故で怪我をした場合、加害者との話し合いの流れはどうなるのでしょうか?

 

Q.交通事故における損害賠償額の算定基準は3つあると聞いたのですが、どういうことでしょうか?

 

Q.交通事故で死亡した場合、被害者が生きていれば受給できたはずの年金の額は加害者に請求できるのでしょうか?

 

Q.交通事故で、お互いに過失があり、お互いに損害が生じた場合、損害賠償額はどのように決定されるのですか?

 

Q.交通事故の被害に遭って、示談交渉をする際に注意すべきポイントは何でしょうか?

 

Q.交通事故の被害に遭ったら、現場や事故車両の状態などを写真に撮っておいた方が良いのでしょうか?

 

Q.後遺障害認定を受けるかどうかで、損害賠償請求額はどう変わりますか?

 

Q.交通事故後の後遺障害認定に関する手続きは、どういう流れで進むのでしょうか?

 

Q.交通事故の後遺障害等級認定の申請手続きには、被害者請求と事前認定の2つがあると聞きました。どちらの方が良いのでしょうか?

 

Q.交通事故の後遺障害認定に対する異議申立における注意点とは?

 

Q.交通事故の後遺障害等級における「併合」「相当」「加重」とはどういうことなのでしょうか?

 

Q.交通事故の被害に遭って、むち打ちになりました。この症状が後遺障害になったら、後遺障害等級認定での扱いはどうなるのでしょうか?

 

Q.交通事故の被害に遭いました。加害者に損害賠償を求めるために、警察が作った資料を見たいのですが、刑事事件の記録の取り寄せはどのように行うのでしょうか?

 

Q.交通事故の被害者が自賠責保険へ損害賠償請求するための必要書類は?

 

Q.交通事故で怪我を負う被害に遭い、加害者が加入している自賠責保険会社に対する被害者請求をすることを検討しています。自賠責保険金の支払いを受けるまでには、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

 

Q.人身事故と物損事故とで、どのような違いがあるのですか?

 

 

Q.交通事故の被害に遭った場合に、自分の加入している保険会社に連絡する必要はありますか?

 

Q.任意保険会社から示談の提案があったのですが、何か気を付けるべき点はありますか?

 

Q.交通事故の被害に遭った場合、治療費を加害者や加害者の保険会社に請求できますか?

 

Q.交通事故の被害に遭い、入院することになりました。入院中は、妻が毎日付き添ってくれたのですが、付添費用を加害者に請求することはできますか?

 

Q.交通事故で怪我をして入院したのですが、入院中に購入した衣類や洗面具等の入院雑費は賠償の対象となるのですか?

 

Q.交通事故に遭い、膝のサポーターがなければ歩くことができないような状態です。この場合、サポーター代は相手方に請求することができるのでしょうか?

 

Q.交通事故に遭い車いすで生活しているのですが、車いすで生活するための自宅改修費を相手方に請求することはできるのでしょうか?

 

Q.交通事故による受傷が原因で会社を休んだため、休業期間中の給料がもらえませんでした。私は給与所得者なのですが、この場合会社を休んだことによる休業補償は認められるのですか?

 

Q.交通事故による受傷が原因で後遺障害が残りました。そのため、症状固定後の収入が減っているのですがこの点について何か補償を受けることはできませんか?

 

Q.給与所得者の後遺障害逸失利益を算定するにあたって基礎となる収入はどのようにして決まるのですか?

 

Q.後遺障害逸失利益の計算にあたって、労働能力喪失率はどのように決まるのですか?

 

Q.後遺障害逸失利益の算定にあたって、労働能力喪失期間はどのように決まるのですか?

 

Q.交通事故の損害賠償において用いられるライプニッツ係数とは何ですか?

 

Q.個人事業主の休業損害はどのように計算するのですか?

 

Q.家事従事者にも休業損害が認められるのですか?

 

Q.取締役等の会社役員にも休業損害が認められるのですか?

 

Q.失業者に休業損害は認められないのですか?

 

Q.学生にも休業損害が認められることがあるのですか?

 

Q.交通事故により受傷し、有給休暇を利用して通院したのですが、有給休暇を利用した場合に休業損害を請求することはできますか?

 

Q.被害者が通院する場合の交通費として何が認められますか?

 

Q.入院付添費はどのような場合に認められるのですか?

 

Q.交通事故による受傷が原因で手術し、医師に謝礼金を渡したのですが、謝礼金は相手方に請求することができますか?

 

Q.交通事故が原因で重度の後遺障害が残り、車いすを使うために自宅の改造が必要となりました。この場合、自宅改造費を相手方に請求することはできるのですか?

 

Q.通勤中に交通事故に遭い、労災保険給付を受けました。この場合、労災保険給付を受けた分は、相手方に請求できる損害額から控除されるのでしょうか?

 

Q.交通事故が原因で死亡した場合、相続人は、死亡した方が受給していた年金相当額を相手方に請求することはできますか?

 

Q.症状固定日以降に通院することはできますか?

 

Q.交通事故により受傷し、顔面部分に4センチメートルほどの線状の傷が残った場合、後遺障害等級が認められますか?

 

Q.交通事故により受傷して通院することになった場合、通院のための交通費を相手方に請求することができるのですか?

 

 

▶交通事故Q&A1へ   ▶交通事故Q&A2へ   ▶交通事故Q&A3へ  ▶交通事故Q&A4へ



【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから

 

当事務所へご相談をお考えの方はこちらをご覧下さい

解決までの流れ ■弁護士費用 ■交通事故Q&A
お客様の声 ■弁護士紹介 ■当事務所へのアクセス



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F