体に大きな衝撃が加わって、背骨の中にある中枢神経の束である脊髄を傷つけるのが、脊髄損傷です。傷ついた神経は修復できないため、脊髄損傷は後遺障害を発症します。
Q. 脊髄損傷とは?

A.体に大きな衝撃が加わって、背骨(正しくは脊柱)の中にある中枢神経の束である「脊髄」を傷つけるのが脊髄損傷です。
日本では、脊髄損傷の4割は交通事故が原因で、次に多いのが高所からの落下によるものです。

背骨(脊柱)は、椎骨という小さな骨が積み重なってできているので、人間は前に屈んだり後ろに反りかえったりできるのですが、椎骨は、背骨を動かすことの他に、脊髄を外部からの衝撃から守る役割も果たしています。
しかし、神経は柔らかくいので、外部から強い衝撃を受けると、椎骨が守り切れずに脊髄が傷ついてしまいます。
いったん傷ついた神経は、現代医学を持ってしても、修復することがほとんど不可能です(最新医学では、神経の修復についての研究が勧められていて、まったく不可能とは言えない領域まで来つつあります)。

脊髄損傷は、傷めた箇所によって症状が異なり、運動機能、感覚機能、自律神経系、排泄機能などに障害が起き、脊髄が完全に断裂と、分断された部分から下は、末梢神経へ命令が届かなくなるので完全に麻痺しますが、脊髄の断裂が不完全な場合は、一部の機能が残ります。

脊髄損傷を発症しているかどうかは、CTやMRIなどの画像診断や神経学検査、電気生理学的検査などにより診断します。