交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用

大腿骨骨幹部骨折とは?

sutoulayer0001.png   交通事故で車やバイクから投げ出されたり、事故の衝撃で歩行者が転んだりすると、大腿骨の中心部部分を骨折する大腿骨骨幹部骨折を起こすことが良くあります。

Q.大腿骨骨幹部骨折とは?

 
A.大腿骨骨幹部骨折とは、大腿骨の中心部部分が骨折した状態です。
交通事故で車やバイクから投げ出されたり、事故の衝撃で歩行者が転んだりすると、大腿骨骨幹部を骨折することが良くあります。
 
大腿骨幹部は大きな骨なので、衝撃の強さや力のかかり具合により、骨の折れかたは様々で、2カ所以上が折れる「二重骨折」、大腿骨が真横に二つに折れる「横骨折」、斜めに折れる「斜骨折」、渦巻型に骨が折れる「らせん骨折」、衝撃で骨が粉々に砕ける「粉砕骨折」などに分けられます。
大腿骨骨幹部はやや湾曲しつつも比較的まっすぐな骨で、衝撃が強いと骨を突き破って外に飛び出す「開放骨折」を起こすこともあります。
 
大腿骨には筋肉が付着していますが、大腿骨骨幹部骨折により筋肉がずれるので、足が大きく変形します。
大腿骨骨幹部を骨折すると、ふとももに強い痛みを感じて歩けなくなるので、救急措置を要請して、できるだけ早く整形外科に連れて行って治療を受けます。
治療方法は、成人の場合は髄内釘(ずいないてい)やプレートを埋め込んで骨を固定する方法が一般的です。
 
大腿骨骨幹部は、比較的血流が良く、骨が付きやすい個所ですが、複雑な骨の折れかたをしていたり、受傷者の体力的な問題でリハビリを十分行えない場合は、偽関節や可動域の制限などの後遺障害が現れることがあります。
 


【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから

 

当事務所へご相談をお考えの方はこちらをご覧下さい

解決までの流れ ■弁護士費用 ■交通事故Q&A
お客様の声 ■弁護士紹介 ■当事務所へのアクセス



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 【事務所所在地】〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
相談料・着手金共に0円 お問い合わせはお気軽に 0120‐783‐981
Q&A0001.png

Contents Menu

Access Map

Link

弁護士法人山本総合法律事務所

相続・遺産分割相談専門サイト

債務整理・自己破産専門サイト

離婚問題専門サイト

過払い金返還専門サイト

採用サイトはこちら