大腿骨転子部骨折とは、大腿骨の上部の大転子と小転子部と呼ばれる膨んだ部分の骨折で、交通事故などで外部から強い衝撃を受けた場合に起こる骨折です。
Q.大腿骨転子部骨折とは?

A.大腿骨転子部骨折とは、大腿骨の上部の大転子と小転子部と呼ばれる膨んだ部分の骨折で、交通事故などで外部から強い衝撃を受けた場合に起こる骨折です。
大腿骨転子部骨折を起こすと、足の付け根からお尻のあたりに激痛を感じて歩けなくなり、骨折により骨がずれると、両足がハの字に外側に開きます。

大腿骨の骨折は、関節の内側で骨折するタイプと外側で骨折するタイプがありますが、大腿骨転子部骨折は、関節を包んでいる袋の外側で骨折する外側型で、ほとんどの場合、外科手術による治療を試みます。
大腿骨転子部骨折は、足の付け根部分の骨折なので起立や歩行ができなくなりますが、手術を行ってリハビリをすることで歩けるようになります。

大腿骨転子部の手術は、スクリュー、プレート、髄内釘(ずいないてい)などで骨をつなぎ合わせて行いますが、骨の損傷が激しい場合は、足が変形したり歩行がもとのようにできなくなる後遺障害が現れる可能性があります。

骨折をした人が高齢者の場合は、手術後のリハビリにも限界があるため、活動性が低下して寝たきりになることがあります。
大腿骨転子部骨折は、QOL(クオリティオブライフ:生き方の質)に影響を与える骨折であると言えます。