解決のポイント

 歩道におけるすれ違いの際に起こった自転車同士の事故です。この点、加害者から、ご依頼者に過失が50%あるとの主張がされていました。

 

 加害者側が主張を維持し続けたため、示談交渉は決裂し、裁判手続きに移行しました。裁判手続きにおいては、平常時の事故現場をビデオ録画し、その内容を分析した報告書を証拠として提出する等して、事故当時の加害者の運転の仕方の悪質性を立証しました。

 

 最終的には、上記の立証が奏功し、ご依頼者の過失は50%ではなく35%程度にすぎないと裁判所が認定し、和解が成立しました。

 

 

ご依頼者

  高崎市・70代・女性・無職

 

事故状況

 自転車vs自転車の事故。
 ご依頼者は、前方から自転車の集団が来ることに危険を感じ、あらかじめ自転車から降りていたところ、その集団の一人である相手方が運転の自転車がご依頼者に衝突し、ご依頼者は転倒、負傷しました。

 

 

傷病名  

 左大腿骨頚部骨折

 

 

入通院の状況

 全治療期間285日間、入院42日、通院実日数2日

 

 

後遺障害の認定

 10級相当(「関節の機能に著しい障害を残すもの」)

 

 

ご依頼

 加害者の代理人弁護士から示談の提案を受領後、当事務所へご相談に来られました。

 

 

ご依頼時の保険会社提示額

  約139万円

 

 

解決金額

  約460万円

 

 

増加額

費目 ご依頼時の
提案額
解決額 増加額
合計 1,399,486 4,600,000
3,200,514