ご依頼時の保険会社提示額

 1208万円
 

解決金額

 2400万円(1192万円増額)
 

ご依頼者

 沼田市・40代・男性
 

事故状況

 バイクvs車の事故。
 ご依頼者がバイクで道路を直進していたところ、左方の路外施設から出てきた相手方の自動車が衝突し、ご依頼者は受傷しました。
 

傷病名

 右大腿骨転子部骨折
 

後遺障害の認定

 10級11号(股関節の機能障害、可動域が1/2以下に制限されていること)
 
 

ご依頼から解決までの流れ

 ご依頼者は交通事故被害による受傷後、計約120日間入院し手術等の治療を受けました。退院後は、症状固定まで約320日間、通院により治療・リハビリを受けました。(実通院日数約20日)。
 
 症状固定後、右大腿骨転子部骨折に伴う右股関節の機能障害について、その可動域が左股関節の可動域角度の1/2以下に制限されていることから、「1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの」として、後遺障害10級11号が認定されました。
 
 ご依頼者は、ご自身で保険会社と示談交渉をされていましたが、ご自身による交渉に限界を感じられ、当事務所へご依頼されました。
 
 当初の保険会社提示額は1208万円でした。
 当事務所が受任して、まず交渉をしましたが、保険会社から誠実な提案がなされなかったため提訴し、その結果、裁判所において2400万円(約1192万円増額)(ご依頼者の早期解決のご希望も考慮)での和解を成立させることができました。
 
 

解決のポイント

入院雑費 0円→18万円

 相手方保険会社は入院雑費を認めていませんでした。
 当事務所が受任し、適切に主張をした結果、裁判において裁判基準である日額1500円を基礎とする上記金額で和解することができました。
 

傷害慰謝料 146万円→240万円

相手方保険会社は自社基準による金額を主張していましたが、当事務所が受任して交渉・裁判をした結果、上記金額で和解することができました。
 

後遺障害逸失利益 982万円→1530万円

相手方保険会社は、5年という短い労働能力喪失期間に基づく金額を主張していました。
相手方保険会社の提示額は、ご依頼者の右大腿骨転子部骨折に伴う後遺障害について、ムチ打ちによる後遺障害と同等に評価している金額であり、到底受け入れられないものでした。
当事務所が受任し、ご依頼者の日常生活や仕事上での支障を適切に主張した結果、労働能力喪失率は逓減されたものの、労働能力喪失期間20年を基礎とする上記金額で和解することができました。
 
 

後遺傷害慰謝料 200万円→550万円

相手方保険会社は自社基準による金額を提案していましたが、当事務所の受任して交渉・裁判をした結果、裁判基準での金額で和解することができました。
 

ご依頼者のご感想

 

依頼してよかったと思う点はどのような点ですか?

自分で保険会社と交渉してもアップはのぞめない中、先生に依頼して当初の金額を増額させて決着できたこと。

担当した弁護士・スタッフにメッセージをお願いします。

こちらが沼田という地域で高崎から遠いために打合せの時間をこちらの希望に合わせてくれてありがとうございました。
今後、貴事務所が益々発展することをお祈り申し上げます。