ご依頼時の保険会社提示額 

 481万円
 

解決金額

 1383万円(約2.8倍増額)
 

ご依頼者

 高崎市・60代・女性
 

事故状況 

 原付バイクvs自動車の事故。
 ご依頼者が原付バイクで交差点を直進していたところ、一時停止標識のある右方から出てきた相手方の自動車が原付バイクの後部に衝突し、ご依頼者は転倒、負傷しました。
 
 
 

傷病名  

 右下腿両骨開放性骨折
 腓骨神経麻痺 等
 

後遺障害の認定

 11級相当
  12級7号(右足関節の機能障害、可動域が3/4以下に制限されていること)
  12級12号(右足指の機能障害、右第1足指の指節間関節の可動域が1/2以下に制限されていること))
 
 
 

ご依頼から解決までの流れ

 
 ご依頼者は交通事故被害による受傷後、106日間の入院、220日の通院をし、症状固定まで556日間もの治療を余儀なくされました。
  症状固定後、右下腿両骨開放性骨折後の腓骨神経麻痺等による右下肢の機能障害により、11級相当と認定されましたが、保険会社提示額は裁判基準よりもかなり低い金額でした。
 
  ご依頼者は、保険会社の提示額が妥当かどうか判断できないことなどから、当事務所へ相談されました。
 
 当事務所が受任して交渉をした結果、当初の保険会社提示額は481万円でしたが、約2.8倍増の1383万円で示談することができました。
 
 
 

解決のポイント

 
入院雑費 0円→15万円
当初、相手方保険会社は入院雑費を認めていませんでした。
当事務所が受任し、適切に主張した結果、裁判基準による上記金額が認められました。
 
 
 
休業損害 185万円→433万円
当初、相手方保険会社は、自賠責基準額である日額5700円、入通院実日数である約320日間を休業損害として主張していました。
当事務所が受任し、症状の影響により家事労働ができなかった点を交渉において結果、一部減額はするものの、賃金センサスを基準にした日額9751円を前提に、全治療期間約550日について休業損害が認められました。
 
 
傷害慰謝料 177万円→254万円
当初、相手方保険会社は自社基準による金額を主張していましたが、当事務所が受任して交渉した結果、裁判基準での適正な金額で和解することができました。
 
 
後遺障害逸失利益 234万円→668万円
当初、相手方保険会社は、基礎収入270万円(法的ないしは統計上の根拠のない適当な金額です)、労働能力喪失期間5年による金額を提案していました。
当事務所が受任して交渉した結果、主婦としての適正な裁判基準による金額(基礎収入340万円(賃金センサス女性全年齢の平均賃金)、労働能力喪失期間13年による金額)が認められました。
 
 
後遺障害慰謝料  135万円→420万円
当初、相手方保険会社は自社基準による金額を提案していましたが、当事務所が受任して交渉した結果、裁判基準による適正な金額が認められました。
 
 
 

ご依頼者のご感想

 
■依頼してよかったと思う点はどのような点ですか?
 
 分かりやすい説明、親身な対応に大変満足いたしました。
 又、予想もしなかった結果にどう感謝していいか、心から御礼致します。
 
 
■担当した弁護士・スタッフにメッセージをお願いします。
 
 山本先生はじめ、スタッフの皆様、世間を知らない私たちの様な方のために、これからも力になって頂けます事、心からお願い致します。
 有難うございました。