40代男性が、歩道前で自動車を停止していたところ、玉突き事故により後部車両から追突され受傷しました。受任して、自賠責被害者請求手続を行い、後遺障害の認定を受けました。当該認定をもとに、保険会社と示談交渉を行った結果、保険会社が提示していた傷害慰謝料約72万円が、約116万円に増額されました。さらに、新たに合計約253万円の後遺障害慰謝料及び逸失利益が認められました。

【傷害慰謝料】  保険会社提示額 約72万円  →約116万円
【後遺障害慰謝料】  保険会社提示額  なし  →約110万円
【逸失利益】  保険会社提示額 なし  →約143万円

【賠償額の総額(既払額を除く)】  保険会社提示額 約74万円  →約371万円