交通事故・後遺障害・損害賠償の高崎・前橋でのご相談は弁護士法人山本総合法律事務所(群馬弁護士会所属)へ

群馬交通事故相談

相談料・着手金共に0円 0120-783-981
  • HOME
  • 解決事例
  • 賠償金の基準
  • 損害賠償の計算
  • 後遺障害
  • 死亡事故
  • 相談の流れ
  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • HOME
  • 後遺障害の損害賠償

後遺障害の損害賠償

CIMG13350003.png    後遺障害とは、医学的に適正な治療を行ったにもかかわらず症状が変化しない状態になった場合(症状固定といいます)に、身体に残った不具合のことを言います。

 この点、後遺障害の認定は、基本的に損害保険料率算出機構というところで行います。そして、後遺障害には1級から14級まで等級があり、後遺障害による労働能力の喪失がどの程度のものであるかという観点から決定され、数字が小さければ小さいほど後遺障害の程度としては重くなります。
 


 そして、この等級によって、後遺障害逸失利益(後遺障害がなかったならば得られたであろう収入の保障)と後遺障害慰謝料(後遺障害によって生じる精神的苦痛等を金銭的に保障するもの)が大きく変わってくるので、等級が認定されるか、何級の後遺障害が認定されるかによって損害賠償の額も大きく変わってきます。

 

 この点、当事務所に訪れる多くの相談者・依頼者様の中で、症状固定日以降になっても身体に不具合が残っていることから、ご自身に後遺障害の認定がされるとお考えになる方もいらっしゃいます。

 

 しかし、症状固定日以降に身体に不具合が残っていても、必ずしも、交通事故の損害賠償という場面における「後遺障害」が認められるとは限りません。

 

 なぜなら、後遺障害の等級認定を行う損害保険料率算出機構は、自動車損害賠償保障法(自賠法)及び労働者災害補償保険法(労災保険法)に規定されている認定基準に基づいて後遺障害の認定を行うことから、上記の各認定基準にあてはまらない場合には、症状固定日以降に身体に不具合が残っていても、基本的に後遺障害として認定されることはないからです。

 

 例えば、交通事故による受傷で、顔面に1センチの長さの傷が残ったとしても、後遺障害の認定基準上は、3センチメートルの長さの傷が残らなければ、後遺障害として認定されないので、たとえ顔面に1センチの傷が残っていても後遺障害として認定されることは基本的にないのです。

 

 また、後遺障害の認定を行う損害保険料率算出機構は、医師の作成する診断書や後遺障害診断書、MRI画像等を資料として、後遺障害の認定を行いますが、ここで被害者が考えているような認定が受けられないことがしばしばあります。

 

 たとえば、症状固定以降にも交通事故による外傷で脳に損傷を受けており高次脳機能障害が認定される見込みがあるところ、ご自身が考えていたよりも低い等級で認定されてしまうことや、症状固定以降にもむち打ちによる手指の痺れが残っているにもかかわらず、後遺障害として「非該当」と判断されてしまうことがあります。

 

 このように、後遺障害の認定について納得が出来ない場合には、「異議申立」の方法を採ることも可能です。

 

 このように、後遺障害の認定の場面では、医師の作成する診断書や後遺障害診断書、MRI画像等が重要であるにもかかわらず、上記資料を作成する医師は、治療が必要かという観点では専門家と言えますが、後遺障害の認定の場面における専門家ではないため、後遺障害の認定基準について熟知しているわけではありません。

 

 それゆえ、医師の作成する診断書等の記載内容が、被害者の後遺障害の認定を踏まえた内容になっていないこともしばしばあります。

 

  しかし、これでは、後遺障害の認定基準上では重視されるべき内容が、医師にとっては治療上重要ではないと判断され、実際には患者に症状があっても診断書等に記載がないという場合も出てくることとが考えられます。そうすると、診断書上では実際には存在し、本来は記載されるべきはずの症状が、診断書上では存在しないものと扱われ、被害者にとって適切な後遺障害の認定を受けられないことにつながりかねません。

 

 
 当事務所では、弁護士が、後遺障害に精通している実務家とも連携して、後遺障害認定を含めて、被害者の訴えている症状について適切に評価してもらうために、交通事故被害者のサポートをワンストップで行っております。

 

 交通事故の被害に遭い、後遺障害・後遺症についてお考えの方は、当事務所にお気軽にご相談ください。
 



⇒むちうちの慰謝料・逸失利益

脊髄損傷

手(肩~手指)の後遺症

足(股~足指)の後遺症

目の後遺症

遷延性意識障害(植物状態)

高次脳機能障害



【相談料・着手金無料】交通事故の相談は山本総合法律事務所へ!

60分無料相談実施中 0120-783-981
メールでのお問い合わせはこちらから

 

当事務所へご相談をお考えの方はこちらをご覧下さい

解決までの流れ ■弁護士費用 ■交通事故Q&A
お客様の声 ■弁護士紹介 ■当事務所へのアクセス



 

 

対応地域

 高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。